名高かっ

全て 形容詞
165 の用例 (0.00 秒)
  • 右の手紙の受取人は科学者で随筆家として名高かった中谷宇吉郎である。 池田弥三郎『手紙のたのしみ』より引用
  • ヘンリー王は武勇の誉れ高いばかりでなく、気前のよさでも名高かった。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • その中でも特に悪名高かった犯罪者の例としては、ビリー・ゴールの名が挙げられる。
  • 二人共知らぬ者がない位名高かったのですから、どちらがえらいかわかりませんでした。 夢野久作『二人の男と荷車曳き』より引用
  • また、蘇州では、1911年に開業した呉苑茶館のものが名高かった。
  • 当時の文壇で名高かった小説家だの詩人だのを見た。 田山花袋『トコヨゴヨミ』より引用
  • その演奏活動は半世紀に亘って高い評価を勝ち得ており、録音活動でも世界的に名高かった。
  • この戦いの中で、同じく強者として名高かった馬超と一騎討ちとなっている。
  • 本遺跡は、中世の奥州探題大崎氏の城として名高かった遺跡である。
  • 特に、ネオプラトニズムの影響を受けたアリストテレス研究で名高かった。
  • フランショームの左手は、器用で正確な演奏と、表現力の豊かさで名高かった。
  • そこでは、高級装身具や美術・流行について紹介されており、パリだからこそ可能な雑誌として名高かった。
  • 二代目は土肥無端斎安信が継ぎ、活殺の術の名手として名高かったという。
  • 禁酒法以前のニューヨークで最も悪名高かったという。
  • 豊原氏は代表的な楽家の一つであり、時秋の祖父時光、父の時元とも笙の大家として名高かった。
  • カペーは教育者としても一目置かれ、とりわけ運弓技術で名高かった。
  • そのために、世界じゅうに名高かったこの島の豊饒さも、見る影もないものになってしまいました。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(上)』より引用
  • 豺虎[けだもの]として名高かった郷長・州侯を討つために立ち上がった人々。 同人『十二国記』より引用
  • 学頭は京から招かれた新井白蛾で、当代随一の漢学者として名高かった。
  • メディチ家は愛好家としてだけでなく、本種のブリーダーとしても非常に名高かった。
  • 次へ »