名高い

全て 形容詞
3,408 の用例 (0.02 秒)
  • あの名高い国民軍士官の制服に別れなければならなくなるからだった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(上)』より引用
  • 監督には社会派ドラマの製作で名高いシドニー・ルメットが起用された。
  • 名高い恋愛の歌は、多く男女のかけあひ趣味を離れてゐないものです。 折口信夫『古代生活に見えた恋愛』より引用
  • クリストフはほんの出たてだったし、向こうはすでに名高くなっていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • この名高い漢学者はこう云う僕の話にも興味を感じているらしかった。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • この名高い漢学者はこういう僕の話にも興味を感じているらしかった。 芥川龍之介『或阿呆の一生・侏儒の言葉』より引用
  • この前奏曲はオペラ中でも特に名高く、独立して演奏されることも多い。
  • これが現在でもタイ古典楽曲として名高いカメーン・サイヨークである。
  • 宗教改革家として名高いマルチン・ルーテルの心からなる友であった。 三上義夫『芸術と数学及び科学』より引用
  • あの好色で名高い秀吉は、お市の方を側室にと望んでいたのであろうか。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • クリストフがある名高い作を初めて聞いた時も、実際そのとおりであった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 比較的歴史が古く規模も大きなものとしては、瀋陽市の西塔が名高い。
  • そのためか山崎の戦いといった歴史に名高い戦いが乙訓郡で行われた。
  • 透視能力者として名高い七十九人のなかでも、発見できたのは一名のみです。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 名高い僧たちもこれほどの物怪には出あった経験がないと言って困っていた。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • そしてそれに就いての説明として、名高い歴史上の事実をずつと使つて来た。 折口信夫『国語と民俗学』より引用
  • この名高い漢学者はかう云ふ僕の話にも興味を感じてゐるらしかつた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 樺山邸はその筋では名高い建築物だったが作者が分からなかった。 山下洋輔『ドバラダ門』より引用
  • 南さんは行者久ぎやうじやきうさんと云ふ盲目めしひで名高い音曲おんぎよくの師匠の弟子の一人でした。 与謝野晶子『私の生ひ立ち』より引用
  • 騎士として名高い人がこんなことを言い出しても夫人は驚かなかった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 次へ »