名高

全て 名詞 形容詞
53 の用例 (0.01 秒)
  • 本作はその悪名高さにより何度となく映画化がなされてきた。
  • 仲人を務めたのは名高が尊敬する俳優小林桂樹であった。
  • 婚約解消の理由は諸説あるが、未だに名高本人の口からその理由は語られていない。
  • そのはずみで名高の車も前方の車と衝突することとなり、合計4台の玉突き事故となった。
  • 事故原因は追突した車の運転手の居眠り運転のためとされ、名高はむち打ち症の症状があるものの症状は軽く、決まっていた仕事は予定通り行った。
  • 彼女は栗色の髪、色白の肌、青い目そして並ぶ者なしと称された白い美しい手で名高かかった。
  • 渡邉校長が辞任した1935年頃から名高商では戦時色が色濃くなっていった。
  • 名高は全7作中5作に出演し、自身の代表作となっている。
  • その第一院といふのが、とりわけ幽邃いうすいの土地にあつて、名高かつた。 薄田泣菫『独楽園』より引用
  • 名高は編隊長である自分の責任と謝罪するが、そんな誠意も梶谷には辛いだけだった。
  • 当初はイスラームに対する肯定的な研究で名高かく、マルクス主義的な第三世界としてのイスラム世界の研究者で知られた。
  • ここまでの成績トップの名高と、それに続くスコアの梶谷によるACMで結果が決まるはずだったが、時間になっても梶谷の姿は見えない。
  • が、その名高さは、女史の歌の秀でていることによるのはもちろんであるが、女史はまた孝の道においても、人の亀鑑かがみとなるべき人であったからである。 上村松園『税所敦子孝養図』より引用
  • 略称は、市民が「なと高」、在校生が「名高」を用いる傾向がある。
  • 梶谷は転任直後の飛行からハイレート・クライムを行って訓練幹部の屋敷や航空管制官を慌てさせるヤンチャぶりを発揮するが、射撃訓練では防衛大学校出身のエリートで最も に近い位置にいるといわれる名高にも引けを取らない腕前を見せる。
  • 上海では1930年代に、すでに多くの店で提供していたが、羅春閣のものが特に名高かく、当時は鶏肉でつくるものも好まれた。
  • いまじゃ、三都で名高けえ、女形のお前さんが免許とりだと聞いちゃあ、誰だって驚かずにはいられめえ。 三上於菟吉『雪之丞変化』より引用
  • 過去にも名高達男や松崎しげるなどの俳優・歌手・タレントを起用し、インパクトあるCM作りに力を入れている。
  • 家のかぜふきつたへつゝ三代までも世に名高かるわざぞくすしき。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 海南駅は、和歌山県海南市名高にある、西日本旅客鉄道紀勢本線の駅である。
  • 次へ »