名鉄

全て 名詞
2,433 の用例 (0.02 秒)
  • 東海テレビと石川テレビでは名鉄グループの単独提供で放送されていた。
  • 前後駅を発着する全ての名鉄バスが通っているが、坂がかなり急である。
  • ラインカラーは名鉄線と見分けがつくよう名鉄の色と区別した青である。
  • また、名鉄線対応設備として中間車両にもドア開閉装置を設置している。
  • 名鉄7000系電車の2次車以降では客室内の速度計に使用されていた。
  • ここに名鉄の輸送密度の低さや絶対的輸送量の少なさが反映されている。
  • 名鉄の駅では安城市中心部に最も近い駅で、西尾線の全列車が停車する。
  • 名鉄は1961年以降に特急車両としてパノラマカーを登場させていた。
  • 番組は放送開始当初から名鉄グループの一社提供で放送されていた。
  • 自動改札機は隣の栄町駅とともに名鉄では最も早くに設置されている。
  • そのため名鉄小牧線の利用者からは、連絡線の建設が強く望まれていた。
  • 中央アルプス観光は名古屋鉄道を中心とする名鉄グループの一員である。
  • その技術水準の高さは後年の名鉄社内においても高く評価されたという。
  • 平日の朝を中心に、名鉄名古屋方面からの当駅止まりの列車も存在する。
  • なお、室内灯には名鉄の軌道線用車両としては初めて蛍光灯を採用した。
  • この区間にある船町駅と下地駅は飯田線専用で名鉄の列車は停車しない。
  • 名鉄の車両で初めてユニバーサルデザイン対応の洋式トイレを設置した。
  • かつては名鉄バスも鳴子方面へ発着していたが現在は廃止されている。
  • 名鉄3780系電車は、名古屋鉄道が1966年に導入した電車である。
  • 名鉄では当駅開業以来、既設路線では10年間駅を新設していなかった。
  • 次へ »