名残惜しい

全て 形容詞
64 の用例 (0.01 秒)
  • 小さな人影ひとかげは何度も俺にお辞儀おじぎをしながら、名残惜なごりおしそうに去っていく。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • 名残なごり惜しうございましたが、私はそこで彼女と別れ、北門を出ました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 名残惜なごりおしそうに、しかしほとんど同時に二人ふたりは再び歩き出し、そして。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第07巻』より引用
  • 日程を終える頃には、激しく名残惜しさを感じるようにさえなっていた。
  • 岸本は名残惜しそうな眼付をした節子をその椿の樹の下あたりに見た。 島崎藤村『新生』より引用
  • ハルヒの手を名残惜なごりおしそうに手放しつつ、佐々木は左右に視線を振った。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 丑松は机と机との間を歩いて、名残惜しそうに一同の監督をした。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 涙目で微笑んだメリエルを名残惜しそうに見て、車両内部へと消えた。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅤ 私の王子様〈上〉』より引用
  • 祥子さまは一度名残惜なごりおしそうに振り返ったが、祐巳は振り返らなかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 21 薔薇のミルフィーユ』より引用
  • コーヒーが終わって、秋穂は名残惜しい気持ちになりながらその部屋を出た。 柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』より引用
  • 現役引退に際し、「一度は優勝したかった」と名残惜しそうに述べていた。
  • オバタリアンはそう言うと名残惜なごりおしそうに扉を見つめながら後退あとずさっていった。 阿智太郎『僕の血を吸わないで1』より引用
  • するとかれ名残惜なごりおしそうにかえってゆくのでありました。 小川未明『星の世界から』より引用
  • その後シャワーを名残なごり惜しそうに浴びて、名残惜しそうに朝食を取った。 時雨沢恵一『キノの旅 第05巻』より引用
  • 配下の近衛このえ騎士たちも、去りゆく魔獣に名残惜なごりおしそうな視線を送っている。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • そんなことが丑松の身に取っては、うれしくも、名残惜しくも思われたので。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 色のめた海老茶袴えびちゃばかまを眺めてすら、直に名残惜しさが湧上わきあがったのである。 島崎藤村『破戒』より引用
  • うすい木の棒を名残なごり惜しそうに見つめながら、クーは不意に尋ねた。 柴村仁『我が家のお稲荷さま第01巻』より引用
  • 丑松は机と机との間を歩いて、名残惜しさうに一同の監督をした。 島崎藤村『破戒』より引用
  • ほとんどの客が名残惜なごりおしがるので、追い出すのに時間がかかるのはいつものことだ。 久美沙織『小説 エマ 2』より引用
  • 次へ »