名古屋

全て 名詞
19,325 の用例 (0.02 秒)
  • 名古屋あたりの道路をイメージしてもらえればいいんじゃないだろうか。 西尾維新『傾物語』より引用
  • 信一は二十二の時に名古屋へ出て、陶器会社の事務員に勤めてゐたのだ。 林芙美子『幸福の彼方』より引用
  • 共通しているのは、名古屋まで起きていたという点では一致していた。 西村京太郎『寝台特急(ブルートレイン)殺人事件』より引用
  • 一つ名古屋まで行って、西の方の様子を突きとめて来たいと思います。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 中彦は名古屋のホテルにいて、夜通しテレビで事故の報道を眺めていた。 阿刀田高『ぬり絵の旅』より引用
  • 先ごろ名古屋の方へ行った時に、わたしはこの話を持ち出して見ました。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 週刊レディー編集部に連絡を入れたのは、名古屋駅へ戻ってからだった。 津村秀介『瀬戸内を渡る死者』より引用
  • 私が名古屋で中西さんに会ってからでも、一年以上がたっていたのである。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 07』より引用
  • 名古屋にいる継母ははは、こんな彼女を、どんな気持ちで見ているのだろう。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • ところが彼女が二十五歳になったころ、ふたりとも名古屋市内に住んでいた。 吉村達也『スイッチ』より引用
  • そうそう、私も一度名古屋まで大槻くんをおっかけてったことがあるぞ。 内田春菊『やられ女の言い分』より引用
  • お父さんが名古屋から上京して初めてあの話があったと書いてよこした。 島崎藤村『新生』より引用
  • 名古屋市の教養婦人会が婦人の文化講座を開いたことなどもその一例です。 与謝野晶子『新婦人協会の請願運動』より引用
  • 播隆とその弟子隆旺は八人の侍に囲まれて、その翌日名古屋を出発した。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • その頃僕の家は名古屋市にあって、当時流行の大阪毎日新聞を取っていた。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • 名古屋の饂飩が美味しいというのもあの辺の小麦粉が良いのだそうです。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 名古屋駅についた有王が一番にしたことは、花映の靴を購入することだった。 毛利『志生子 カナリア・ファイル2~傀儡師』より引用
  • これも名古屋のときと同じように、宿の女中さんに食べてもらうつもりだった。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • この見識か虚栄かのために、名古屋城下に住むことがいやになりました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • もうそのころから名古屋の団地で母と二人だけの生活だったのだ。 尾克彦『父が消えた 五つの短篇小説』より引用
  • 次へ »