名取

全て 名詞
1,267 の用例 (0.01 秒)
  • このときの編集長であった名取洋之助から雑誌編集の基礎を教えられる。
  • 水道は名取市で行っているが、ガスの供給は仙台市ガス局が行っている。
  • したがって、名取高志をその計画に沿って利用したにちがいありません。 西村京太郎『赤い帆船』より引用
  • 仙台空港駅は、宮城県名取市にある仙台空港鉄道仙台空港線の駅である。
  • 笊川は名取川と広瀬川という二つの大きな川にはさまれた小河川である。
  • 雨村には、名取が一郎の死んだことを喜んでいるようにすら見えた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 名取からの電話ということは、事務所が火事だということなのではないか。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • ごく若い娘さんたちで、名取になっていた人のあったことを思いだす。 長谷川時雨『旧聞日本橋』より引用
  • それはお雪ちゃんが、名取なとりに近いところまでやったという長唄ながうたでもない。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 勝久の世話をしている女名取の間には、これを作るに何の故障もなかった。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 名取清右衛門は、一日二度だけはこの娘と口をきくことができた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 名取市内を運行していたミヤコーバスの撤退に伴い、運行を開始した。
  • 一方、本田義和は名取龍太郎の政治家としての実力を高く評価していた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 名取にあうたび心が苛立つくらいなら、あわないほうが身のためだった。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • 中世の名取郡は細分され、郡全体を支配する荘園も武士も生まれなかった。
  • 彼は名取清右衛門と名乗り、なぜ武田の者であると知っていたのかを問うた。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 合併して愛島村の一部となり、現在は名取市の西部、愛島塩手にあたる。
  • あんなことさえなければ、弓子は名取のことなんか忘れてたでしょうからね。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • そして分派の永続を保証すべき男女名取の盟約書を作らせようとした。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 現在の仙台都心部を含んだ北側は宮城郡、南側は名取郡に元々所属していた。
  • 次へ »

名取 で始まる単語