名刺を渡し

206 の用例 (0.00 秒)
  • この名刺を渡して興味を持った人に、ぼくはあるストーリーを話します。 藤原和博『自分「プレゼン」術』より引用
  • 僕の名刺を渡しておくから、深雪のことでなにかわかったら連絡をくれ。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 解放された千晶は、あせだくになりながら神谷さんに一枚の名刺めいしわたした。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑨』より引用
  • その記者さんが、列車の中で名刺を渡した美人と同一人の可能性があるわけですね? 西村京太郎『寝台特急(ブルートレイン)殺人事件』より引用
  • 訪問先の玄関で従僕に名刺を渡して、取り次ぎを求めたりはしないんです。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 人の顔を覚えるのが苦手で同じ人に名刺を渡してしまうことがよくあるという。
  • 四人の男たちに名刺を渡しながら、いままでの非礼をびるつもりだった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • 初対面だから名刺を渡した方がよかろうと、名刺を持って湯船に入った。 松沢呉一『エロ街道をゆく ――横町の性科学』より引用
  • 鼻の下を長くして、デートガールにけっこう名刺を渡す客があるらしい。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • 粉をかけていた女に名刺を渡すと、夜の公園を渡っておれのほうに歩いてくる。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • ぼくは茶を運んできた女性に名刺を渡すと取材を申しこんだ。 高橋克彦『星の塔』より引用
  • 半月後、あなたが被害者の家を訪問したときは二枚目の名刺を渡す必要がない。 森村誠一『花刑』より引用
  • 松井は名刺を渡した日付や場所や相手を記録に残していたため捜査も進んでいった。
  • そして亭主に二枚の名刺を渡し、亭主が二人の青年にそれを渡した。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • その時下女の袈裟治けさじ台処だいどころの方から駈寄かけよって、丑松に一枚の名刺を渡した。 島崎藤村『破戒』より引用
  • ほかに誰か目撃者がいたら、と野上は一応名刺を渡しておいた。 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』より引用
  • 何か、思い出したら、連絡してくれと、十津川は、名刺を渡しておいたのだ。 西村京太郎『特急「富士」に乗っていた女』より引用
  • 其時下女の袈裟治が台処の方から駈寄つて、丑松に一枚の名刺を渡した。 島崎藤村『破戒』より引用
  • だがあのとき松に名刺を渡した事実をコロリと忘れていた。 森村誠一『花刑』より引用
  • 「今日はどういったものをお探しでしょうか」自分の名刺を渡してから男のほうに訊いてみた。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 次へ »