名付け

全て 動詞
12,834 の用例 (0.01 秒)
  • 父が名付けたように私は、そもそも生まれてくるべきではなかったんだ。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 彼女の故郷に岬と名付けられた地名は、ひとつしか存在していなかった。 滝本竜彦『NHKにようこそ!』より引用
  • 父親がギリシャ哲学の崇拝者であったためにソクラテスと名付けられた。
  • これは孤児であった彼の祖父が市の職員から名付けられたものである。
  • この月はなお寒く、着物を更に重ね着することから名付けられたともいう。 池宮彰一郎『その日の吉良上野介』より引用
  • 歴史は彼において、彼がその自伝を名付けたやうに「詩と真実」である。 三木清『ゲーテに於ける自然と歴史』より引用
  • 名称については、一部区間のみ運転する特急列車ということで名付けられた。
  • 名称は提案者のマウリツィオ・ガスパッリ通信大臣から名付けられた。
  • これを、雑誌に掲載された論文は『精神のハウリング』と名付けていた。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒02 サイレント・ブラック』より引用
  • 名付けておいてなんですが、読みにくい苗字にしてしまったものです。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編Tips』より引用
  • この線はのちにトマス・ハクスリーによってウォレス線と名付けられた。
  • 時はさらに流れ、人々は大気に混入しているものを汚染物質と名付けた。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • その交点から到る場所の名称や交わる方向から名付けられることも多い。
  • ところで光線と名付なづけられるものは、この紫から赤までだけではない。 海野十三『赤外線男』より引用
  • またそれ以外に「外周制限線」と名付けられた制限区域がもうけられた。
  • 後に、ラインはPKと名付けた別の超心理学的現象に注目を移した。
  • 私はこの気持ちを、子供に対する嫉妬だと名付けていいかどうかを知らない。 豊島与志雄『理想の女』より引用
  • 彼が名付けた月の地名のいくつかは現在も使われている。
  • よく名付けたものだと、そのネーミングのセンスに感心している私がいた。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • それは、野球ルネッサンスと名付けてもよい社会現象ではなかっただろうか。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • 次へ »

名付け で始まる単語