名を広め

65 の用例 (0.00 秒)
  • ビモータのフレームを採用したレースチームが活躍し、1980年にはヤマハ市販レーサーTZ350のエンジンを搭載したYB3が世界GPの350ccクラスで優勝したことでその名を広め、本格的に市販車を発売する頃には空調設備の業務をやめて完全にオートバイ製造会社へ転向した。
  • 陶器に赤絵あかえを施した焼物として名を広めました。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 一方、時の竹富町長は日本政府南方連絡事務所や琉球政府に掛け合い、天皇へこの2頭のヤマネコを献上し、西表島の名を広めかつ、産業開発の促進をすることを目的に、那覇市へと渡った。
  • 京都では医者として大いに名を広めたため、延享2年唐津藩主土井利里に招聘され、肥前国唐津城に赴いた。
  • 武田高等学校に進むと、JGA女子ナショナルチーム入りし、2001年から2002年にかけ全国高等学校ゴルフ選手権春季大会で2連覇してその名を広めたが、高校3年時の不調により日本代表から外される。
  • ペンシリーズはカメラ技術者としての米谷の出世作となるとともに市場にオリンパスの名を広め、「ペン」はハーフサイズカメラの代名詞になった。
  • チック・ウェブ楽団で活動し、名を広めていく。
  • 続いてより効率に優れる全回転式ローター自動巻がスイスのロレックスで1931年に開発され、同社は「パーペチュアル」の名で市販、オイスターケースと呼ばれる防水機構とともにロレックスの名を広めた。
  • 只野真葛と交流をもち、『独考』を徹底的に批判したいっぽうで、ことあるごとに彼女の人となりに言及し、その名を広めたのは曲亭馬琴であった。
  • 田中義一内閣打倒や農村での青年に対する実践教育などを行っていたが、一躍、愛国社の名を広めたのは、昭和5年ロンドン海軍軍縮条約をめぐる統帥権干犯問題で、愛国社社員の佐郷屋留雄が東京駅において浜口雄幸首相を狙撃し重傷を負わせたことによる。
  • このことが大きなきっかけとなり、BS-TBSの番組『未来へのおくりもの』から取材を受け、ハローキティ好きのシンガーソングライターとして、世に名を広めた。
  • 真葛は、自分の名を広めた方がよいというのならばと、仙台での聞き書きをまとめた『奥州波奈志』と前年の8月に著した、宮城郡七ヶ浜を旅したときの紀行文『いそづたひ』を馬琴のもとに届けさせている。
  • かつてはスウェーデンローカルのミュージシャンであったが、1994年にプロデュースを手がけたカーディガンズのデビュー・アルバム『エマーデイル』で世界的に名を広めた。
  • 直後の1875年6月、讒謗律と新聞紙条例が公布され、8月、それらを非難する投書を掲載して、自宅禁錮2ヶ月・罰金二千円となり、最初の違反者として名を広めた。
  • イングヴェイ・マルスムティーンズ・ライジング・フォースのアルバム『マーチング・アウト』で名を広め、脱退後は自ら結成したバンドタリスマンなどで活動した。
  • 丹波の名を広めたのは旧丹波国全域であり、「丹波黒豆」や「丹波松茸」などの丹波ブランドを確立したと自負している篠山市に加え、京都府内の綾部市長や旧丹波町長の各首長からも反対や懸念の声があったにもかかわらず、2004年11月、旧氷上郡が町村合併で周囲の反対を押し切る形で丹波市を名乗った。
  • また、汽車で運ばれてくるイメージを訴える「シュッシュポッポ」で始まるCMソングは、「神州一味噌」の名を広めた。
  • 製造元の白松がモナカ本舗は、1932年に白松菓子店として開店しており、創業者の「いずれは白松の菓子の名を広めたい」という思いから名付けられた。
  • 坪内逍遙の「良寛と子守」の主役で、独特の書体を持ち、挿話に富んだこの僧の名を広めたのは、早稲田の教授だった糸魚川の人、相馬御風である。 戸板康二『新々ちょっといい話』より引用
  • 本作からの先行シングル「Love Is The Drug」は、全英2位・全米30位のヒットを記録し、一躍ロキシーの名を広めた。
  • 次へ »

名を広め の使われ方