名を広め

65 の用例 (0.00 秒)
  • 世界選手権では、決勝戦で同じ日本代表の松田博文に敗れるも銀メダルを獲得し、一躍その名を広めた。
  • 全国を巡業し、その名を広めていった。
  • ファンド設立を目的とし、ベルガラ会長はチーバスの名前を市場に売り込み、自身が所有する雑誌や飲料ブランドなどでもクラブ名を広めた。
  • 大坂冬の陣では後藤基次とともに今福砦攻防戦を展開し、数に勝る徳川軍と対等に戦い全国にその名を広めた。
  • 最後まで残ったアジャは、当時のWWF世界女子王者のブレイズを裏拳で倒し日本だけにとどまらずアメリカにもその名を広めた。
  • グローブトロッターズは次第にコメディ的な要素を取り入れるようになっていき、スポーツよりもエンタテイメントとしてその名を広めていった。
  • この歌劇は、1922年の初演時に称賛され、フランスの報道機関にクラーズの名を広めた。
  • 忠行自身、射覆せきふと呼ばれる占法を得意とし、大勢の貴族が見守る中、彼らがはこの中に隠したものを言いあててみせることで名を広めた。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • 藍絵あいえ染附そめつけもありますが、特に赤絵で名を広めました。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • クロアチア人バン、エルデーディ・タマーシュはこの戦いにおいて防衛軍を率い、ヨーロッパ中に名を広めた。
  • バーニー・オールドフィールドはこの結果に納得し、国中でその自動車を運転して周り、アメリカ全土にフォードの名を広めた。
  • 青春の哀歓を謳歌した抒情歌が多く、自然主義の歌人として牧水の名を広め、ついには歌壇的地位を獲得するまでに至った。
  • 伊賀傘いががさ」はその上野が中心で名を広め、用いる紙は多く「名張半紙なばりばんし」であります。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • PK戦の強さで一躍名を広めた。
  • その後、山口市出身で総理大臣となった寺内正毅がこの舌鼓を気に入り、山口土産としてその名を広めたと言う。
  • 栗林の名を広めた大きなきっかけとして、2001年に発売されたアージュのアダルトゲーム『君が望む永遠』がある。
  • ドラフト当日にキャバリアーズにトレードされた彼はチーム史上ベストのポイントガードとなり、リーグを代表するシューターとしても名を広めた。
  • 安蘇あそ飛駒ひこま村の産は、早くから「飛駒ひこま」でその名を広めました。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 内戦終結後は、急速に復興して、ベイルート、トリポリと共に国立サイダ競技場を会場に2000年のアジアカップを開催し、日本にもその名を広めた。
  • 皇帝ウァレリアヌスによって抜擢されたことがアウレリアヌスの名を広めた契機となり、ガッリエヌス帝統治下の268年に起こったナイススの戦いに於いてゴート族の騎馬隊を撃退する活躍を見せた。
  • 次へ »

名を広め の使われ方