名を広める

21 の用例 (0.00 秒)
  • 多くの女優の卵同様、ボールも名を広めることと生活のためにラジオに出演した。
  • 全国にその名を広めるきっかけとなる。
  • この映画は、各地でベーカーの名を広めることとなり、日本でもベーカーが知られるきっかけとなった。
  • レーシングカーコンストラクターとして発足間もないフェラーリの名を広める貴重な勝利を挙げた。
  • これが世間の注目を集め「Typhoid Mary」の名を広めるきっかけになったと言われる。
  • この二つの展覧会は反響も大きく、エイブル・アートの名を広めることとなった。
  • 彼女はケリーの為にトンプソン・サブマシンガンを購入、そして暗黒街に彼の名を広める為にどんな手段をもいとわない人であった。
  • バンドは本作で、いくつかの国のアルバム・チャートにおいて初のトップ20入りを果たし、また、アメリカのBillboard 200では初のトップ40入りを果たして、世界的にバンドの名を広めることとなった。
  • シルスキーはさらに彼女の名を広めることに尽力し、パースの新聞社にパリで学ぶことができるよう力説する手紙を送った。
  • それまで彼は、自分の名を広める定理が何一つとして無かったので、その輝かしい経歴にもかかわらず、自身を「フランスで最低な数学者」とうたっていた。
  • ファラオ・ハウンドと名乗るようになってからは人気が急上昇し、世界中に広く愛され、母国マルタの名を広めることにも大いに貢献した。
  • 黄仁植が出演した映画のアクションには、ハプキドーの要素が多く取り入れられており、香港や中国などで「ハプキドー」の名を広めることとなった。
  • そして、アメリカのプロレスというのは日本等と違い、「団体の名を広めるためのケーブル」、「収入を得るためのPPV」と言われるほど、興行とテレビが密接であったが、当時のWWEはそこまでWCWを意識せず、通常の通りにケーブル放送を行い、月一でより良いものをPPVで放送する形をとっていた。
  • この合戦が理興の名を広めることになる。
  • その後、再建請負人として全国を転々としていた北方だが、その中で精四郎が売上至上主義に従う人間だけに料理人をすげかえ、五稜郭亭の名を広めるために強引なチェーン展開を進めていることを知る。
  • 道麿の死後、大都市名古屋の300名ともいわれる道麿門下の者は直接宣長の門下に入り、その中には横井千秋、稲葉通邦など大藩名古屋藩関係者も多くいたため、道麿は宣長が全国に名を広める足がかりを作ったといえる。
  • それからまもなく、コロムビアレコードで大島里喜の唄がレコード化され、全国に大島の二大民謡と大島里喜の名を広める。
  • ピュアな女の子の気持ちを独特の言い回しとタイトルで表現するアーティスィックな面とお笑い芸人に近いトークのギャップからイロモノ系として、都内ライブハウスで名を広める。
  • 同年のメモリアル力道山興行で会場の横浜アリーナに入る橋本を野外の駐車場で奇襲したことから昭和のテロリストこと藤原喜明になぞらえて「平成のテロリスト」としてその名を広める。
  • 「シンセアリー」に続くムーングロウズ名義のシングル、「モスト・オブ・オール」がヒットしたのをきっかけに、ムーングロウズは有名ドゥーワップ・グループとして全国的に名を広める事となる。