名を広め

65 の用例 (0.00 秒)
  • 使いよい品なので、この町の特産として名を広めたのは当然であるといえましょう。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 五年まえ住んだ深川での人斬りでさえ弥介の名を広めたのだから。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 親しい黒小人に金塊を借り、それを配って美獣王の名を広めたのだ。 高千穂遙『美獣 神々の戦士』より引用
  • 名を広めましたので随分遠くまで品物は運ばれて行きます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • ブーンの勇敢な冒険談は小説にも書かれ、アメリカのみならず世界的にその名を広めた。
  • 本作によって監督の黒沢清は世界に名を広めた。
  • 実力のあるクラブだったグレイズは徐々にその名を広め、対戦のオファーも舞い込むようになってきていた。
  • この作品はたちまち成功を収め、世界各地で演奏されるようになり、ギュスターヴ・シャルパンティエの名を広めた。
  • これにより瀧口は日本におけるシュルレアリスムの権威として美術批評などで徐々に名を広めていく。
  • 独特な連携攻撃で訓練記録を塗り替え、その名を広めた。
  • ヨーロッパ/イギリスへと名を広めていく。
  • MFI-9のバリエーションの1つで名を広めたのはミニコイン機であった。
  • 盗賊たちを疑心暗鬼に追い込むために火附盗賊改がわざとその名を広めているという噂も同時に流れていた。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 松蔭寺が名を広めたのは白隠慧鶴によるところが大きい。
  • ここは前述のように麻緒あさおで名を広めましたが、しかしその他に関東一帯はもとより、随分遠い地方までこの町から運び出されるものがあります。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 評論家としての当初の目標は、同時代のロシアの作曲家の名を広め、特に「五人組」の他の同人の作品を広めることにあった。
  • 一方、この戦いで織田軍に土をつけたことで直正は「丹波の赤鬼」という名を広め、全国の武将から一目おかれる存在となっていく。
  • 紙といえば出雲は岩坂で近時その名を広めました。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 若年より名を広め、安永7年、15歳にして『張城人物誌』文苑部に掲載される。
  • 現在はジャスティンビーバー等のミュージックビデオ、他国のイベントなどに出演、世界へその名を広め活躍の場を広げている。
  • 次へ »

名を広め の使われ方