同窓会の案内

10 の用例 (0.00 秒)
  • 棟居は二十数年振りに高校の同窓会の案内状をもらって、たまたま非番と重なったので出席した。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • 同窓会の案内を同封した母の手紙を、彼女は読んでいる。 新津きよみ『愛読者』より引用
  • 中学の同窓会の案内はいままでに二回もらったが、二回とも欠席し、つい半年前にあった三回目にはじめて出席して、会で話をした十一人の連絡先はわかっていたのである。 姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』より引用
  • もう一枚はやはり同窓会の案内状だ。 東野圭吾『秘密』より引用
  • そして三通目が同窓会の案内状だ。 東野圭吾『秘密』より引用
  • そんな洋子の気持ちを変えたのは、去年の三月に卒業した舞鶴中央高校の同窓会の案内状である。 深谷忠記『タイム』より引用
  • 娘の前ではできない内緒話を始めるにあたり、彼女は一カ月前に届いた同窓会の案内状のことから話しだした。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • 退職後、妻と共に平穏な日々を過ごしていた宮下辰夫のもとに小学校の同窓会の案内が届く。
  • 本当に単なる同窓会の案内だろうか、いや同窓会は同窓会でも、大規模なものではなく、親しい者だけが集まる程度のものかもしれない。 東野圭吾『秘密』より引用
  • それはあきらかに一昨晩高輪の本條会館で行なわれた「怒れる海賊たちアングリー・パイレーツ」同窓会の案内状であり、秋山浩二や佐川哲也の受け取ったのとおなじ種類のものである。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 下』より引用