同窓会

全て 名詞
1,221 の用例 (0.01 秒)
  • 当初は高校の同窓会に出席する事を理由に試合を欠場するつもりでいた。
  • しばしば集まっては同窓会をやっているというだけあって、皆仲がよい。 板東眞砂子『死国』より引用
  • これ以前から学部・研究科や専門分野ごとに以下のような同窓会がある。
  • 風呂に入ったとはいえ、同窓会で飲んだ酒の酔いがまだ体に残っていた。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 足を洗ったついこの間まで、私は中学の同窓会にも行かなかったのです。 安部譲二『賞ナシ罰アリ猫もいる』より引用
  • 来年の三月にまた同窓会があるから、今度はあなたも出席して欲しいわ。 西村京太郎『謎と殺意の田沢湖線』より引用
  • 詳細・問合せ先などは松南高等学校同窓会のサイト内で案内されている。
  • それが五年前、久しぶりに開かれた高校の同窓会で再会したそうなんだ。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 柚子は、同窓会が開かれる会場も時間も、案内状を見て知っているのだ。 新津きよみ『愛読者』より引用
  • 出席率が八割に達したにぎやかな同窓会は、九時前に一次会を終了した。 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • わたしは教員の経験が十七年間あるが、そっちの方の同窓会もいかない。 灰谷健次郎『アメリカ嫌い』より引用
  • その際、同窓会の結束は計り知れない意味を持っていくことになるのだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 明日の昼からこの盛岡の近くの温泉を会場にして大規模な同窓会が開かれる。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • 会が過去の運動の同窓会のようになってしまったのをきらったのか。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 僕がいるのなら同窓会には行かないというのなら、僕は行きません。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • あれこれと考えているうちに、やはり同窓会の夜のことに気持ちが戻った。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • 同窓会が組織されており、卒業生は国外に出ていても連絡を絶やさない。
  • ただし平介が想像したようなものではなく、五十五期生全体の同窓会だった。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 同じ小学校の同窓会の先輩も単独行で雁坂峠をすぎたところで死んでいる。 田中澄江『花の百名山』より引用
  • だから、おれは今まで出たこともない同窓会に出ようという気になったんだ。 今邑彩『少女Aの殺人』より引用
  • 次へ »