同業

全て 名詞
1,380 の用例 (0.01 秒)
  • 生活衛生同業組合の一部の区域を地区とする会員により組織されている。
  • 若いがやはり同業の藤兵衛を意識して秘密にしているのかもしれなかった。 松本清張『鬼火の町 新装版』より引用
  • ほどなく、同社や同業他社によって全国規模で実施されることとなった。
  • 同業の平和の創業者の一人、山田喜一郎は当時同社で旋盤長をしていた。
  • おそらく、同じ思いをしている同業者は、ずいぶん多いことだろうと思う。 森本哲郎『日本語 根ほり葉ほり』より引用
  • それにあんたは同業組合の仲間でないので、市場で売ることはできません。 フーリック/大室幹雄訳『中国鉄釘殺人事件』より引用
  • その中でも錠前屋はいちばん高尚な同業で、その第一位は機械工だった。 ヘッセ/高橋健二訳『車輪の下』より引用
  • 同業井上さんの夫人の新聞雑誌などでの発言には、いつでも同感する。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • 地方都市におけるわれわれの同業組合ミステリーの状態を、何か知っているか? ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • この本が世に出たとき、同業諸氏から身を無事に守ることができるだろうか。 岩城宏之『棒ふりの控室』より引用
  • 上記を統括する団体はそれぞれ生活衛生同業組合を持つこととなっている。
  • 互いに顔を知っている同業者が店に入ってくると、話はいったん中断される。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 前述したように、日立グループの同業3社が合併して成立した会社である。
  • しかも三十人という人数を集めたので、同業間にも話題となった。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 小さな待合室には、何度か顔を合わせたことのある同業者の姿も何人か見えた。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • 銀行家からは警察は勿論我々同業へも捜索の依頼がしてあった。 甲賀三郎『愛の為めに』より引用
  • 殆どの美術品は後に残る同業者に任せて、持ったのは本当に貴重な数点だけです。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • 同業の探偵同士で、教えてくれるんじゃないかと思いましてね。 西村京太郎『消えたエース』より引用
  • 電気利用料金は行田足袋同業組合との関係比較的低額だったようである。
  • 客は君と同業だから、君がいてくれると、都合がいいかもしれん。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 次へ »