同時

全て 名詞
9,652 の用例 (0.02 秒)
  • 伊織がつぶやいたのと、女性が振り返ったのと、ほとんど同時であった。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • タクシーのドアが閉まるのと、河見の足が自動ドアを開くのが同時だった。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 五メートルほど向うに白い女の姿が立ち上がったのは、それと同時であった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12a D-邪王星団1』より引用
  • 指先に無音で投刃が戻ってくるのと、二つの首が落ちるのは同時だった。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 驚いてその方向を見るのと、再び物凄ものすごいガラスの割れる音が同時だった。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • それがビニールだと気づいたのと、ガスの匂いに気づいたのと同時だった。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • こうした案件が十も二十も同時進行し、事務所中を人が走りまわっている。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • きりきりと全身に痛みを感じて目を開けたのは、二人ほぼ同時だった。 流星香『プラパ・ゼータ 4 玻璃色の迷宮』より引用
  • 田辺哲学はそういう意味に於て主客を同時的成立の条件の下に対立させる。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • それは過去現在未来が同時存在的にそこにおいてある現在である。 三木清『哲学入門』より引用
  • 電話を切ったのは、数瞬のラグもなく、まったく同時だと記憶きおくしている。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』より引用
  • 突然響いた女の子の声と同時、僕の視界が突然真っ暗になったのです。 おかゆまさき『撲殺天使ドクロちゃん』より引用
  • 部長がそう言い放つのと、山本がドアから出ていくのとが同時だった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑤』より引用
  • クレイの絶叫とサイドがトリガー・ボタンを押したのはほぼ同時だった。 高橋昌也『ガンダム・センチネル』より引用
  • それから、それと同時かまたはその後にか、地方新聞の政治記者となった。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • つまり、二組同時の婚礼がみんなをあっと言わせることになるわけね。 ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • 塔はすでに語り 出していたが、幸い同時通訳はまだ始まっていない。 岩本隆雄『ミドリノツキ〔上〕』より引用
  • 即ちポルトガルの植民地攻略の勢の止まった時とほぼ同時なのである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • わーっと哲平が叫んだのと、美沙緒が立ち止まったのはほぼ同時だった。 小池真理子『墓地を見おろす家』より引用
  • 房一がそこへ出るのと、さつきの二人が表から入つて来るのと同時だつた。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • 次へ »

同時 で始まる単語