同時多目標

20 の用例 (0.00 秒)
  • 本ミサイルの主な特徴は「撃ちっ放し能力」と「同時多目標攻撃能力」である。
  • これらの艦は、長射程の艦対空ミサイルを搭載するとともに同時多目標処理が可能であると伝えられ、ある程度の艦隊防空能力を有するものと推定されている。
  • 長射程のミサイルとして整備されたフォールトは誘導方式としてTVM方式を採用することにより、同時多目標処理能力を獲得した。
  • レーダー性能など、その防空能力には疑問を呈する意見もあるが052C型が予期されていた通りの性能を発揮できるのであれば、人民解放軍海軍は西側諸国の戦闘艦に追いつくレベルの同時多目標処理能力を持った艦隊防空艦を手に入れたことになる。
  • 性能的には、多くの点で西側諸国のターター-D・システムに相当するものだが、同時多目標交戦能力など、一部についてはこれを凌駕している。
  • このため母艦の探知範囲外である超水平線での迎撃が可能となり、また母艦の管制負担を軽減させることでより一層の同時多目標処理能力強化が図られる。
  • これを搭載するソヴレメンヌイ級駆逐艦は、管制用レーダを6基と多数搭載することによって、限定的ながらも同時多目標対処を可能にした。
  • 地上用のS-300Pを艦載化したもので、長射程と同時多目標交戦能力を備える。
  • 本級とキッド級ミサイル駆逐艦は、1980年代末より本級はNTU改修の対象となり、武器管制システムの換装などにより、限定的ながらも同時多目標対処を可能とするなど、その性能はさらに強化された。
  • 長射程の防空ミサイル・システムとして整備されたフォールトは、ミサイルとしてS-300Fを使用しているが、これは誘導方式としてTVM方式を採用することにより、同時多目標処理能力を獲得した。
  • また、SM-2と同様に中途航程に慣性誘導を導入して、同時多目標対処が可能となった。
  • しかしOYQ-9においても、戦術状況の判断なども多くをオペレーターに依存しており、同時多目標対処能力も制限された。
  • 同時多目標交戦能力を持った、中・高高度長距離地対空ミサイルシステムのS-300Pを原型としている。
  • したがってアップグレードはミサイル本体が主で、同時多目標攻撃の能力はS-300PMU1のものと変わらないものと考えられる。
  • また、同時多目標対処を狙って中途航程に慣性誘導を導入したことにより飛翔コースが最適化され、近距離での機動性向上を狙って推力を増強した結果、射程も最大50kmに延長されている。
  • 例えばスタンダードミサイル2型では、中途航程において慣性/指令誘導を採用し、発射されたミサイルに対するイルミネーターの関与を終末航程のみに限定することで、イージスシステムの情報処理能力と合わせた時分割処理化による同時多目標対処を実現した。
  • これは1134BF型「アゾフ」において試験を受けていたものであり、従来の1134B型に搭載されていたM-11「シュトルム」と比して、射程距離・同時多目標交戦性能ともに大幅に増強されている。
  • これはNTUとして、ターター-Dおよびテリア・システム搭載艦を対象にして行なわれたもので、スタンダードSM-2MRの運用に対応し、ミサイルへの中途誘導用のアップリンクを搭載して限定的ながら同時多目標処理能力を付与したほか、全般的にC4ISRシステムが増強された。
  • フォールトは射程と弾頭威力が強化されたフォールトMとなり、ウーラガンは中間誘導に慣性誘導+無線指令を導入してより効率的な同時多目標対処を実現し、射程を延伸したヨジュとなった。
  • ミサイル追尾・誘導用レーダーが、30N6E2フラップリッドBにアップグレードされ、100目標を同時追跡し36目標を同時攻撃する能力を持ち、同時多目標交戦能力が大幅に向上した。

同時多目標 の使われ方