同時再送信

10 の用例 (0.00 秒)
  • 道内民放ラジオ局では唯一、radikoでの同時再送信を行っていない。
  • JIBでは、インターネット上で、テレビ国際放送の同時再送信を行っている。
  • 有線による地上波放送、衛星放送の同時再送信と自主放送の企画・制作業務を主な事業内容としている。
  • これとは別に区域外再放送と呼ばれる同時再送信もあり、放送事業者とCATVの揉め事の1つとなっている。
  • 地デジ難視対策衛星放送では、東京地方の地上波NHK番組が衛星基幹放送経由で地上に同時再送信される。
  • 二戸地区のIBCラジオ難聴取対策として、カシオペアFMでも同時再送信されていた。
  • 有線テレビジョン放送法第13条に基づき、総務大臣がCATVの業務区域内の全部または一部で受信障害が相当数発生すると認めた場合は、全ての区域内の地上波テレビジョン放送の同時再送信を義務付けられる。
  • ケーブルテレビサービスによるテレビ・ラジオの同時再送信による緊急警報放送や緊急告知FMラジオのほか、自主放送として緊急地震速報や自治体の防災情報の提供が防災情報専用端末により行われている。
  • アナログテレビ放送やFMラジオ放送の有線による同時再送信の場合、最高伝送可能周波数が222MHzであった。
  • 北海道のNORTH WAVEを室蘭市のFMびゅーが、大阪府のFM802を滋賀県東近江市のびわ湖キャプテン、鳥取県米子市のDARAZコミュニティ放送が、福岡県のCROSS FMを熊本県阿蘇郡小国町のエフエム小国が一部時間帯で同時再送信している。