同時代ゲーム

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 作中に出てくる名前の多くは、大江健三郎の『同時代ゲーム』に由来している。
  • また筒井としては、筒井が高く評価していた大江健三郎の『同時代ゲーム』が不遇だったため、受賞させて再評価させようという意図があったという。 ...
  • カルロスはそれらを素材に編集・書き換えして偽版『同時代ゲーム』をスペイン語で執筆する予定だった。 ...
  • このリライトは難渋であるとして読者に十分に受け入れられなかった『同時代ゲーム』を平易にすると同時に『同時代ゲーム』において十分に展開しきれなかった「魂の再生」のテーマを追求する意味合いがあった。
  • これらの物語内容は『同時代ゲーム』とは基本的には同一であるが、叙述方法や文体が違い、内容としても、語り手が『同時代ゲーム』のような完全に架空の語り手ではなく、作者大江自身を思わせる人物であり、それと関係して、物語の終わりが、大江を思わせる人物の息子である光の話に落着する、という違いがある。 ...
  • 僕はメキシコ滞在時にカルロスに請われて『同時代ゲーム』の廃棄稿とゲラ・コピイを引き渡していた。 ...
  • 大江健三郎が『M/Tと森のフシギの物語』や『同時代ゲーム』などで強調した「神隠し」の特徴も、こうした側面であったといえるであろう。 ...
  • 神谷忠孝は、そうした閉塞感や希望喪失的な大江文学の初期モチーフや、『万延元年のフットボール』以後の作品や『同時代ゲーム』に見られる村の再生という主題変遷も、横光文学の軌跡と対応する点があると考察している。 ...
  • また、『M/Tと森のフシギの物語』のヴァリアントともいうべき『同時代ゲーム』の主人公の「僕」は、幼い頃の「神隠し」体験の様子を、こんな風に語っている。 ...
  • その学習の合間には、大江健三郎の『同時代ゲーム』に登場する「誇大妄想狂患者」のモデルとなった、松沢病院に入院していた、チェコ語の独学者にして名手である山ノ井愛太郎とも交流した。 ...
  • 中村雄二郎、山口昌男らとのバリ島の習俗の取材旅行の回想、亡くなった学生時代からの友人、文芸誌「海」の編集者、塙嘉彦の病床を見舞った際の印象的な会話の回想を枕にして『「雨の木」を聴く女たち』『同時代ゲーム』についての作者自身による自己批評が語られる。 ...
  • 大江自身はこの作品を気に入っており、平易に書き直した『M/Tと森のフシギの物語』から「『同時代ゲーム』にたちかえってくれる批評家、読者が現れてくれればどんなに倖せだろう」と書いている。 ...
  • 日本へのガルシア=マルケス紹介に大きな役割を果たした安部公房の小説、『百年の孤独』に影響を受けた大江健三郎の『同時代ゲーム』、中上健次の『千年の愉楽』にはマジックリアリズムといえる側面がある。 ...
  • 大江は、新潮社の「純文学書下ろし特別作品」シリーズで『個人的な体験』『洪水はわが魂に及び』と本作『同時代ゲーム』を発表して、いずれの作品もハードカヴァーで10万部を超えるベストセラーとなっている。 ...
  • 上記以外の主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『同時代ゲーム』『懐かしい年への手紙』『燃えあがる緑の木』『取り替え子』『水死』など。 ...