同時に

全て 副詞
89,858 の用例 (0.02 秒)
  • そのときには、私は自分のことも君のことも同時にやることになるんだ。 原田義人『城』より引用
  • 同時にまた自動車は爆音を立ててたちまちどこかへ行ってしまいました。 芥川竜之介『河童』より引用
  • しかし急な草付は濡れたためか辷り勝で、同時に行動する事を許さない。 小川登喜男『一ノ倉沢正面の登攀』より引用
  • 声と同時に扉が開いて、一人の女が黒猫を抱いて、すうッと入って来た。 大倉燁子『黒猫十三』より引用
  • 彼はかのごとくにして詩人でありしと同時にまた実際家でありました。 内村鑑三『デンマルク国の話』より引用
  • 同時にこの中心体は衝突によって激しい回転を生じているのである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 夫を思ふと同時に、夕方始めて見たときの暗い顔つきが思ひ出される。 伊藤野枝『惑ひ』より引用
  • それは嫌悪けんおを感じさせると同時に好奇心を感じさせるのも事実だった。 芥川竜之介『寒さ』より引用
  • それは不可能であるばかりでなく、君をけがすと同時に僕自身を涜す事だ。 有島武郎『生まれいずる悩み』より引用
  • しかし歯車の軋む音も同時に聞こえてきて、雰囲気を台なしにしていた。 カフカ・フランツ『処刑の話』より引用
  • 犯人の捜索は極めて秘密に、同時にこんな田舎いなかにしては厳重に行われた。 有島武郎『カインの末裔』より引用
  • 同時に又僕の泣かれない以上、僕の母の死ぬことは必ずないと信じていた。 芥川竜之介『点鬼簿』より引用
  • 一つの形式の伝へが同時に、他の形式の要素を具へて居らねばならぬ。 折口信夫『日本文学の発生』より引用
  • 上りと下りの二本の列車が同時に線路を通り過ぎ、橋がかすかに揺れる。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • 同時に私の信仰から言えば、その決勝戦に信仰の統一が行なわれねばならぬ。 石原莞爾『戦争史大観』より引用
  • そこで二つの大きな車が同時に動いて、機関車は前の方に向つて進むのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • が、同時に又一面には「書くやうにしやべりたい」とも思ふものである。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 私の現在が、私の過去であり、同時に未来であらせようとするものだ。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • けれども彼もまた、人間の愛は狂喜にして同時に絶望であると言つてゐる。 片上伸『生みの力』より引用
  • 同時にあらゆるものの価値の急激な修正が無意識のうちに行はれてゐる。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-20』より引用
  • 次へ »