同時

全て 名詞
9,652 の用例 (0.03 秒)
  • 受話器を置いたのと、玄関のドアが開く音がしたのとはほぼ同時だった。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • 少佐が到着したのは、西四十七番街署の刑事たちとほとんど同時だった。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • 時は現在において瞬間の同時存在ということから成立せなければならない。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • 叫び声を上げたのと、足音が一気に迫ってきたのはほとんど同時だった。 初野晴『水の時計』より引用
  • 左手が相手の袖をつかんで引くのと体を落として伸ばすのと同時であった。 眉村卓『不定期エスパー4』より引用
  • そしてそこでは、二種類の会話が同時進行しているような形になった。 G・O・スミス『ブレーン・マシーン』より引用
  • 弦が鋭い音を立てて切れたのと、目の下に痛みを感じたのは同時だった。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • それは男と同時や男より後のオルガスムスとは全く逆の効果を持っている。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 思い出したのと、少女の指が右目を開けさせたのと、それは同時だった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス12 ブラック・アラベスク』より引用
  • 男の人がエンジンをかけたのとドアが引きちぎられたのは同時でした。 雀野日名子『トンコ』より引用
  • ムジナが二本足立ちになって警戒けいかい音を発したのとほとんど同時だった。 有沢まみず『いぬかみっ!02』より引用
  • テレビや新聞では奈良京都の同時多発テロについての報道ばかりだった。 平坂読『ホーンテッド! 2』より引用
  • 他の人が気にして同時使用を控えていた、という可能性はないのだろうか。 今野緒雪『マリア様がみてる 23 くもりガラスの向こう側』より引用
  • 通路の端から、銃を構えた人影がとび出したのも、ほとんど同時だった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター12 エイリアン魔神国 下』より引用
  • 疑問をていしたのは同時だったが、説明の必要を感じたのは私のほうだった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • その学生風の男が入ってくるのと、奥から店員が出てくるのが同時だった。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • 足音が違うと思ったのと、ドアが開き鷹原の顔を見たのは同時だった。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • つかまえたのと、その人が息を吹きかえしたのとほとんど同時であった。 海野十三『三十年後の世界』より引用
  • どれも一八〇〇年代の後半で、その出来上ったのはほとんど同時であります。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 窓から恭子の姿が消えるのと、ドアにノックの音がしたのは同時だった。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 次へ »

同時 で始まる単語