同意語

88 の用例 (0.00 秒)
  • 実際には現実世界の科学とほぼ同意語だが、その科学レベルには幅がある。
  • 娘に会ってくれ、というのは、両親に会ってくれ、と同意語だと私は考えた。 今野緒雪『マリア様がみてる 16 バラエティギフト』より引用
  • 人によっては、緊密という語を内部正則の同意語として用いることもある。
  • 即ち人間は死によつて生きることの根柢から存在それ自らが不安と同意語に他ならなかつた。 坂口安吾『狼園』より引用
  • このビルは、「よくないデザイン」の同意語となってしまっている。
  • またストリートパーティという言葉が同意語として用いられている。
  • 個人主義は利己主義と同意語と思いこんでいる一般日本人の無知笑うべきかな。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • スペクトル関数はかなり一般的な言葉で、スペクトルとほぼ同意語である。
  • 実際、この犬群との果てしない戦いにおいて、生命と足場は同意語であった。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • 地域特徴、言語同盟、言語圏、言語領域、収束圏なども同意語である。
  • ほとんど戦後の青春と同意語であったかもしれない。 野田秀樹『おねえさんといっしょ』より引用
  • 「お母さん」は、「助けて」の同意語として使用されることがままあるのだ。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 02 学院のおもちゃ』より引用
  • 私は、この二つの言葉は単なる同意語だと思っていたのですが、実際はそうではないことに、最近気がつきました。 フォス『日本の父へ』より引用
  • さびとわびは一般に同意語として、または近親語として使はれてゐる。 唐木順三『千利休』より引用
  • 保守的キリスト教とキリスト教根本主義は多く重なる部分があるが、二つの用語は同意語ではない。
  • おれの場合、金欠病と鬱病はほとんど同意語として使っている。 樋口有介『ろくでなし』より引用
  • 無政府資本主義の主張に共通する点も多いため、その一派として扱われることや、同意語として使われることも少なくない。
  • 私にとってクリスマスとは、とりもなおさず、一年に一度の長期休暇と同意語なのだ。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • 意味は同意語である。
  • また意識=思考も同意語ではなく、フロイトの取り上げた1900年代の様々な生物学的論文の内容はかなり現在では否定的に見られている。
  • 次へ »