同意殺人罪

7 の用例 (0.00 秒)
  • 殺人罪も、被害者の同意があると成立しないが、一方で同意殺人罪が成立する。
  • 自殺関与・同意殺人罪とは、刑法第202条に規定されている罪の総称である。
  • 同意殺人罪の着手時期については、殺人罪と同じである。
  • 日本では刑法202条に同意殺人罪という犯罪が存在し、一応犯罪は成立するが、法定刑は通常の殺人罪より軽い。
  • また、自殺の関与が自殺関与・同意殺人罪として処罰されるのに対し、自傷行為の関与についてはそのような規定はない。
  • ドイツ刑法216条も「明示的かつ真摯な嘱託」による場合は、通常の殺人罪ではなく同意殺人罪が成立すると規定している。
  • 家族の同意なしに人工呼吸器を外して死なせることは殺意の有無にかかわらず、人工呼吸器を外した者が殺人罪、自殺関与・同意殺人罪、殺人幇助罪となる。