同意年齢

54 の用例 (0.00 秒)
  • 性的同意年齢とは、性行為の同意能力があるとみなされる年齢をいう。
  • 合意に関して、しばしば問題になるケースが、性的同意年齢の問題である。
  • 同国内の性的同意年齢は異性間・同性間ともに16歳と規定された。
  • もちろん、性行為に関する年齢制限すなわち性交同意年齢は存在する。
  • 多くの法域では、性的同意年齢は精神的・機能的に発達した年齢であることを意味するものと解釈される。
  • 性行為に関する規制を定めた条項では、性的同意年齢を15歳と定めている。
  • 年齢だけで強姦として処罰することが出来なくなる年齢を、性的同意年齢という。
  • 性的同意年齢に達した人間は性的主体として法的に認められる。
  • また、行為の対象が小学生などである場合には、性的同意年齢の問題が浮上する。
  • 性的同意年齢は15歳とされ、1972年より異性間・同性間の年齢差はない。
  • 単に同意年齢ともいう。
  • この修正案は否決されたが、 譲歩修正として性的同意年齢を18歳とする修正案が承認された。
  • 性的虐待は同意年齢に満たない者に対してなされるものであるから、あらゆる年齢に被害者がいることになる。
  • 日本の刑法176条の規定においては、男女ともに性的同意年齢は13歳に設定されている。
  • 性的同意年齢は1977年に15歳と規定されている。
  • 同意年齢に達していない者への性行為は認められていないが、未成年者同士の性行為はある程度認める法域もある。
  • たとえ合意とみられるものがあったにしても、少年の年齢が12歳であるため、性的同意年齢を下回っており女性は罪を問われることになった。
  • この同意年齢は、性行為の形式や行為主体の性別、責任のある立場の濫用など他の制限によっても変わりうる。
  • さらに、児童の社会的・経済的・政治的権力の強化や自由意志によるパートナー選択権の尊重を主張し、法的には性交同意年齢への反対などの立場をとる。
  • 性的同意年齢は異性間・同性間ともに16歳と定めている。
  • 次へ »

同意年齢 の使われ方