同心

全て 名詞
2,872 の用例 (0.01 秒)
  • これを話のはじめに、与力同心のなかでいろいろの話が持ち上りました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • それを護送してゆく京都町奉行付まちぶぎょうづき同心どうしんが悲しい話ばかり聞かせられる。 森鴎外『高瀬舟縁起』より引用
  • 奉行所の同心というのは、生涯しょうがいを下積みの役人として終わる運命にある。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • 同心に抱かれたまま、お竜はおもしろそうに周囲の壁を見まわしていた。 山田風太郎『おんな牢秘抄』より引用
  • それがやはり週期的な同心環の系列となって成長して行く現象が知られている。 寺田寅彦『自然界の縞模様』より引用
  • 同心のひとりがいうと、たれもが、そう思ったことらしく、みな笑った。 吉川英治『大岡越前』より引用
  • 町御組は言わずと知れた町奉行所の与力・同心の組屋敷のことである。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 南町の同心の死骸のありかをなにゆえ白河藩の者らが承知していたのか。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • のちに紀州徳川家の根来同心のなかに忍者がいたのは、ここに由来する。 桑田忠親『戦国史疑』より引用
  • 八丁堀の町方同心が奥に入ったので、客や丁稚たちがこちらを見ていた。 山本兼一『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎』より引用
  • したがって若同心たちにとってはこの首打役は忌避したい苦役くえきであった。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • 父親は早くも同心として生きるすべを龍之進にさり気なく教えていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • 六蔵は南の定町廻り同心の下で働いているので、北にはあまり顔がきかない。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 坂本は庭に出て、今工事を片付けて持口もちくちに附いた同心共を見張つてゐた。 森鴎外『大塩平八郎』より引用
  • 坂本はすぐに城の東裏にゐる同じ組の与力同心に総出仕そうしゆつしの用意を命じた。 森鴎外『大塩平八郎』より引用
  • 八丁堀同心の岡崎からときどきに催促されて、半七も気が気でなかった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • その仕事は見習い同心に様々な犯罪の例を覚えさせる効果もあった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • たとえあればとて、お町奉行のご同心方では、筋違いでありましょうぞ! 海音寺潮五郎『列藩騒動録(二)』より引用
  • お奉行は別としても、南北の両奉行所に付いている与力同心は三百人もある。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 諸藩の藩邸は治外法権で、犯人が逃げこんだら与力・同心も手が出ない。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • 次へ »

同心 で始まる単語