同年代の男

24 の用例 (0.00 秒)
  • 生まれて初めて、音楽を専門的にやっている同年代の男たちと会ったのだ。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • だがまあ確かにどう年代の男には、この女の相手は荷が重いだろうな。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』より引用
  • この家の玄関の前で、若い祖母と同年代の男の人が、少女を挟んで立っている写真だった。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • 同年代の男には、こんな程度にくたびれた者はいくらでもいる。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 結婚した時、既に石毛は三十を過ぎていて、同年代の男にはない落ちつきがあった。 赤川次郎『告別』より引用
  • 運転席には、似たような風体の、同年代の男がもう一人いた。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • 同年代の男たちは、彼女の足下にも及ばなかったのである。 水野良『魔法戦士リウイ 第03巻』より引用
  • 同年代の男の人に話しかけられた。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • こんな俺と見た目同年代の男が博士になったら、俺は凄まじい違和感を覚えてしまうだろう。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • 同年代の男がいるではないか。 柴門ふみ『四十雀の恋もステキ』より引用
  • 石飛さんと同年代の男の人が二人いた。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 平均的な同年代の男に比べれば、超人的に頑健な父親なのだ。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • さらに、奈緒美の隣には同年代の男が立っていた。 神永学『コンダクター』より引用
  • 同年代の男達が、その「夢」に飽き、卒業していってもなお、沢原は街に出かけた。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • 私の同年代の男で、今一番輝いてるのは、サザンオールスターズの桑田佳祐くわたけいすけであろう。 柴門ふみ『四十雀の恋もステキ』より引用
  • 口ではそんなことを言っても、おとうさんがごそごそやりだせばのん気に寝てなんかいられないわよ、という静江の側の言い分はもちろんあるわけだが、それでも世間一般の同年代の男よりは手のかからない夫だと言うべきであろう。 清水義範『家族の時代』より引用
  • けているというより、同年代の男たちに較べ、十年分は余計に貫禄かんろく雰囲気ふんいきが備わっているのだった。 矢作俊彦『リンゴォ・キッドの休日』より引用
  • 同年代の男に無視されがちな、地味で目立たない若い女が、ふと優しい言葉をかけてくれた中年男に、ホロリときてしまうのだ。 柴門ふみ『恋愛の法則36』より引用
  • キタさんからご馳走になるときは上司と部下という関係だからさほど気にならないのだけれど、同年代の男の人相手だとどうも落ち着かない。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • 話を元に戻して、女性の側からしても、同年代の男にモテモテのチャーミングな若い女性は、妻子持ちの中年男の愛人になんかならない。 柴門ふみ『恋愛の法則36』より引用
  • 次へ »