同年代の子供

33 の用例 (0.00 秒)
  • 桂桂の勉強は袁甫が見てくれるものの、同年代の子供たちと一緒というわけじゃないし、陽子も王としての勉強以外の日常的勉強に関しては桂桂と同レベルなので一緒に習っても問題はないが、どうしてもそのあとで「遊ぶ」ということまでは出来ない。 同人『十二国記』より引用
  • ある日、カインとアベルは、自分たちと同年代の子供が、チンピラたちに撲殺されるのを目撃した。
  • 現在の水田わさび版では大山版と反対に子供らしさが前面に出ており、のび太と同年代の子供のようなキャラクターに位置づけられている。
  • 立ち去りぎわ、順番を待つ訓練生たちの列から離れて、一人で黙々と練習している、自分と同年代の子供とすれ違った。 山本弘『サーラの冒険 3 君を守りたい !』より引用
  • かつての彼等の同年代の子供を持つというわけで、その年輩の父親にふさわしく、腹のせり出した者もあれば、白髪のまじりはじめた者や天頂の薄くなった者もある。 城山三郎『忘れ得ぬ翼』より引用
  • この時代、小中高校のセキュリティは厳格化の一途を辿たどっており、部外者はたとえ同年代の子供といえども自由な出入りはできない。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • イクバルが埋葬された際に、墓のそばにいた少女が「イクバルが死んだ日、千人のイクバルが誕生したわ」と語ったといい、その言葉どおり、イクバルの遺志は多くの同年代の子供たちに受け継がれている。
  • 同年代の子供たちと遊ぶことは少なかった。 夢枕獏『東天の獅子 第二巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • マツヤというゲームセンターに彼女はいつも立っていて、同年代の子供を見つけると近寄って「毒で頭溶けるぞ」とつぶやくのだ。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 日本テレビ版アニメでは、当初の富田耕生が声優の頃は「あらよっと」という掛け声で道具を出すなど「面倒見のいいおじさん」のようなキャラクターであったが、シリーズ後半に担当声優が野沢雅子に代わって以降、のび太と同年代の子供らしい口調になる。
  • そしてある日同年代の子供たちにいじめられた際、「プリンセスなら『幻の銀水晶』が使えるはずだ」と言われたことがきっかけで母の『幻の銀水晶』を持ち出したためにブラックムーン一族のクリスタル・トーキョー襲撃を引き起こしてしまったことが語られる。
  • しかし、仲は決して険悪ではなく、「おじいさん」「セワシくん」と呼び合いながらも同年代の子供同士として会話を弾ませたり、ドラえもんとドラミに対する愚痴をこぼし合ったりする。
  • 日本国内でYMCA、ボーイスカウト、教会などが主催する夏季スクールやキャンプ、フリー・スクール、デモクラティック・スクール、短期の習い事、公民館、児童館、図書館など地域の公共の場で開催される集まりなどに参加すれば、日本の同年代の子供達と触れ合う機会が持てる。