同年代の子供たち

8 の用例 (0.00 秒)
  • マンションの巨大さゆえ、もちろん同年代の子供たちは他にもたくさんいた。 川原礫『アクセル・ワールド 05 -星影の浮き橋-』より引用
  • 同年代の子供たちと過ごす学校生活は彼女には新鮮のようで、前よりさらに元気が増したようにさえ見える。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • だから小学校にあがり、同年代の子供たちから好意以外のものを浴びせられて彼は混乱し、激しく恐れた。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • ブラジルで生まれ育ったイザベラはどんな乗り物でも乗り物酔いしてしまうなど身体が弱かったことから、幼い頃から同年代の子供たちと遊ぶことがなかった。
  • 桂桂の勉強は袁甫が見てくれるものの、同年代の子供たちと一緒というわけじゃないし、陽子も王としての勉強以外の日常的勉強に関しては桂桂と同レベルなので一緒に習っても問題はないが、どうしてもそのあとで「遊ぶ」ということまでは出来ない。 同人『十二国記』より引用
  • イクバルが埋葬された際に、墓のそばにいた少女が「イクバルが死んだ日、千人のイクバルが誕生したわ」と語ったといい、その言葉どおり、イクバルの遺志は多くの同年代の子供たちに受け継がれている。
  • 同年代の子供たちと遊ぶことは少なかった。 夢枕獏『東天の獅子 第二巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • そしてある日同年代の子供たちにいじめられた際、「プリンセスなら『幻の銀水晶』が使えるはずだ」と言われたことがきっかけで母の『幻の銀水晶』を持ち出したためにブラックムーン一族のクリスタル・トーキョー襲撃を引き起こしてしまったことが語られる。