同年代の女性

34 の用例 (0.00 秒)
  • そこに自然と漫画家を志す同年代の女性が集い、漫画について語り合ったり互いにアシスタントをしたりする場となった。
  • 子役出身でそのキャリアは長く、1960年代後半から1970年代の青年期にはテレビや映画の青春ドラマにも数多く出演し、ナイーブな青年像を得意として演じていて同年代の女性からも人気を得た。
  • 同年代の女性と、こんなに間近で話したことはほとんどないので、内心、チャグムは緊張していたが、それを顔にだしはしなかった。 上橋菜穂子『守り人シリーズ04 虚空の旅人』より引用
  • 「宗右エ門町の夕」以降の成園の活躍は、日本画家を志す同年代の女性たちの奮起を促すところとなった。
  • 柏木優という人は妙に場慣れしているというか、落ち着いているというか、とにかく不思議な男性で、薔薇の館などという外部者から見れば得体の知れない小さな建物に連れてこられ、同年代の女性に囲まれるような事態になっても、おくすることなく社交的に振る舞える人であった。 今野緒雪『マリア様がみてる 01』より引用
  • その番組は夜十時からのニュースショウで、メインキャスターは滋子と同年代の女性、難しいニュースを判りやすく伝えるというのを売りにしている。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 同年代の女性と知り合う機会がなかったディアナには、ちょうどいい話し相手だと認めているハリーは、「そうしてください」と言ったディアナの声を待って、戸口へと向かった。 福井晴敏『∀ガンダム(上)』より引用
  • 千鶴と同年代の女性に思えた。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 年下の女性から見ると、〝この人、格好はガキっぽいけどけっこう厳しいからなぁ〟と警戒され、同年代の女性に対してと同じように気軽に話していいのか、それとも年配の方として尊敬申し上げなければならないのかわからない微妙な存在として、最も恐れられます。 酒井順子『たのしい・わるくち』より引用
  • また同年代の女性をターゲットとするギャルブランドやカジュアルブランドが売上げ増のために市場の変動に合わせた新しいトレンドを追い求めているのに比べ、ゴシック・アンド・ロリータ・ブランドはある程度一箇所に留まり一つのテーマを表現している。
  • そこに増山がサロン化を計画して、2人にファンレターを出した人の中から選んで声をかけ、同年代の女性少女漫画家を集め、大泉のアパートは「大泉サロン」、集まったメンバーは後に「24年組」と呼ばれた。
  • 瀧子は同年代の女性としては長身であり、身長5尺5寸であった。
  • 視聴率不振に終わった前番組『おはようクジラ』に代わって、視聴者層をOLに定め、キャスター、コーナー出演等を同年代の女性タレントが担当することを売りにスタートした。
  • また、ラジオで共演している巽悠衣子をはじめ、内山夕実・田村睦心・茅野愛衣といった同年代の女性声優とも交流がある。