同年代の友人

16 の用例 (0.00 秒)
  • 古くからの同年代の友人に、ドラッグストアを経営している男性がいる。 小池真理子『二人で夜どおしおしゃべり』より引用
  • いつだったか思っていたネギ先生に同年代の友人が出来ること。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 長男・まことは一味の影響で、同年代の友人や家族の中でも特に料理の腕前が高い。
  • その六年の間に、きっとルフィオには同年代の友人が沢山でき、女の子と恋もするだろう。 山本文緒『眠れるラプンツェル』より引用
  • 幼い頃に母親に甘やかされて育ったレオーネは少年時代に同年代の友人が少なく、それゆえ男同士の信頼関係というものに強い憧れを抱いていたと言われる。
  • 私の同年代の友人は、みんな「せめて三十歳までには結婚したい」と言っていて、それ以外の言葉は私の耳には届かなかった。 山本文緒『結婚願望』より引用
  • 思いをめて視線を送ってみたのだが、残念ながら朝比奈さんは俺のサイン入り視線に気づくことなく妹と同年代の友人のようにじゃれている。 谷川流『涼宮ハルヒの陰謀』より引用
  • 同年代の友人がAV女優にスカウトされたことがきっかけとなって興味を持ち、2005年にAVデビュー。
  • 同年代の友人が、不意におそろしく大人に思えた。 喬林知『今日からマ王 第08巻 「天にマのつく雪が舞う!」』より引用
  • 同年代の友人のいないアガサは使用人やメイドと遊んだり、家の庭園で空想上の友人との一人遊びをして過ごし、内気な少女に育っていった。
  • 麓まですべり降りるたびに雪ダルマは形をなすようになっていき、鶴屋さんと妹はまるで同年代の友人のように明るく笑いあいながらダルマにバケツをかぶせたり目鼻をつけたりとエンジョイしている。 谷川流『涼宮ハルヒの暴走』より引用
  • 花街のど真ん中で育ち、周りは役者や芸者と花柳界の大人たちしかいない環境のため、同年代の友人と公園や広場で遊んだ記憶は極端に少ない。
  • 両親の愛に飢えたアレキサンダーは、ヘファイスティオンら同年代の友人との友情に心の平穏を見出していた。
  • 家庭の欠損によって、人間のネガティヴな部分を知ってしまった彼らは同年代の友人たちよりも、場合によっては大人たちよりも〈悪意〉を見抜き、らすことなく見つめる目を持っている。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • レイにはギルバート・デュランダルのような「家族」というべき存在がいたことや、シンやルナマリアという同年代の友人に恵まれたこともあってか、ラウのように世界を憎悪し、全てを滅ぼそうとは考えていない。
  • 実際に身近な人を呼ぶ際は、同年代の友人同士であれば、個人の特徴をつけて「のっぽのナム」「鼻歌のクイン」などのあだ名()で呼ぶ。