同席

全て 名詞
2,116 の用例 (0.01 秒)
  • 四人の若い恋人が食卓で友人らと同席したのはこれがはじめてであった。 サド/大場正史訳『ソドムの百二十日』より引用
  • そのものと同席することさえ、考えるだけでも容易ならぬ努力であった。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 俺は、藤原さんに同席してもらったことを高階病院長に報告していない。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • 牧原とセットになっているからこそ、今ここに同席していられるわけだ。 宮部みゆき『クロスファイア下巻』より引用
  • その席には、教授のファンだという同じ職場の若い男性社員が同席した。 松永真理『iモード事件』より引用
  • 本を見ながらこの飾りを作ることを決めた場には竜児も同席していた。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第07巻』より引用
  • この同席者の中の誰に真犯人の資格があるかを考え続けていたためだ。 筒井康隆『恐怖』より引用
  • そこで同席になったのは、見たこともないような美しい娘さんだった。 群ようこ『飢え』より引用
  • 血がたくさん出るその指を同席の人々に見せつつ、笑いながらこういった。 ルソー/桑原武夫訳『告白(上)』より引用
  • 発表の場に同席できるのは、記者クラブに属している新聞記者だけだ。 津村秀介『紅葉坂殺人事件』より引用
  • 刑事課長はそう言って、同意を求めるように、同席の署長に目を向けた。 津村秀介『寝台急行銀河の殺意』より引用
  • 一方では、実業家が同席するとわかっていたので心強い安心感があった。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 彼女もこの男性にあこがれていて、自分の担当でもないのに同席していたのだ。 林真理子『美女入門 PART2』より引用
  • 同席の大名だいみようは、もちろん拝見はいけんしたいともなんとも言わずに、だまっている。 芥川龍之介『羅生門・鼻・芋粥』より引用
  • いつも誰かが、それも一人や二人でなく大勢の人間が同席していた。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 彼がわたくしと同席したのは、ほんのつかののようにしか思えないのだ。 バローズ『火星シリーズ05 火星のチェス人間』より引用
  • たしかPR用の取材か何かで、二人同席の写真を撮ることになったのだ。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • その場に同席していたヤコブスは少女たちの仕草が普通ではないと感じた。
  • 雨の同席を認めたのは、たいした障害にはならないと判断したからか。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • また、時津風の後継者となった時津海の引退記者会見にも同席していた。
  • 次へ »