同居

全て 名詞
4,115 の用例 (0.02 秒)
  • 一人の助手が彼と同居していて、この男が彼の食事を運んでくれるのだ。 モーム/田中西二郎訳『幸福』より引用
  • 私たちは極めて薄い関係の同居人として、うまくやっていけそうだった。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 彼が、原田の家へ同居してゐることを彼の母はあまり喜んでゐなかつた。 牧野信一『鏡地獄』より引用
  • 同居人は新聞を投げてよこしたので、私は言われた箇所に目を下ろした。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • 異なる二つの記憶が同居していれば普通ふつうは混乱するもんじゃないのか? 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』より引用
  • 更には、自宅に電話がないと言うと、同居人に直接伝えてくれるという。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 彼自身、そんな悪魔が自分の中に同居していることに気がつかなかった。 森村誠一『棟居刑事の情熱』より引用
  • 私が呼び鈴を鳴らすと、以前は私も同居していたあの部屋に案内された。 ドイル・アーサー・コナン『ボヘミアの醜聞』より引用
  • 喪中もちゅうではあるのだけれど、私はまだ子供だし、同居もしていなかったし。 今野緒雪『マリア様がみてる 22 未来の白地図』より引用
  • 提訴を受けた組合からは高橋の家に、同居人という青年を派遣して来た。 石川達三『心に残る人々』より引用
  • こういう女性こそ、結婚後も母と同居するという条件にぴったりだった。 乃南アサ『躯(からだ)』より引用
  • あの子はしばらく山内きょうだいのところに同居してたことがあるんです。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 上』より引用
  • 少しして、弟も神戸の会社に勤めることになり、同居することになった。 水木しげる『ねぼけ人生』より引用
  • 本当は妻と呼ばれる、その人の同居人の手から男を奪いたいんでしょう。 小池真理子『悪の愛情論』より引用
  • 私を精密検査したある大病院のドクターが、同居人にこう言ったそうだ。 吉行淳之介『犬が育てた猫』より引用
  • それは対象の限定だけでなく、愛とべつの要素の介入や同居も許さない。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • そこでわたしのるす宅へ移ってきて、妻と同居することになったんです。 横溝正史『迷宮の扉 v0.9』より引用
  • 同居をいとうつもりはなかったが、むしろそれを避けたのは義父母の方だ。 唯川恵『不運な女神』より引用
  • どういう事情でか、夫の死後、彼女はソーヤー医師と同居していたのだ。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • 移ってみてわかったのだが、彼のマンションには、もう一人同居人がいた。 森瑤子『恋愛論』より引用
  • 次へ »