同局放送

17 の用例 (0.00 秒)
  • 同局放送エリア内で活躍する有名無名の人々を生中継で紹介していた。
  • 同局放送の『男はつらいよ』のスタッフや出演者が一部使われている。
  • 歌を歌った田中星児は、同局放送中の『おかあさんといっしょ』で著名になっての出演だが、これが『みんなのうた』では初出演となった。
  • 今回は、同局放送の『俺たちの旅』『俺たちの朝』で下駄バキ姿が印象だった中村雅俊を副主人公にしている。
  • 内容は同局放送の『底ぬけ脱線ゲーム』に似ているが、紅白両軍が3つのジャンルで構成されたチームで構成されていること、さらにゲームの勝者が決まってもそれは表面的で、その後審査員に行動などを審査して得点を与えることが大きな違いとなっていた。
  • 中京テレビは同番組をフルネットで放映した上、東京支社の制作担当者を読売テレビの同番組に派遣して、月数回程度各レギュラーコーナーや特集で同局放送エリア内の東海3県に絡む場合、同局のアナウンサーが出演したり、一部コーナーや特集のVTRも制作するなど系列局の中では一番精力的に協力していた。
  • 変更した理由は同局放送の「笑いの金メダル」に「ワンミニッツショー」というコーナーがあり、名称が紛らわしいという事情があったため。
  • 主演は、終了して間もない同局放送の『スチャラカ社員』で共演した長門勇と白木みのるで、少年役が多かった白木が、珍しく少女の役を演じている。
  • 翌1982年にはMBC公採タレント14期に選ばれ、同局放送の刑事ドラマ『捜査班長』で女優デビューした。
  • なお、製作を請け負った「放送動画制作」の製作部はこの作品を以って解散し、一部は当時同局放送中の『キリンものしりシリーズ』の中期以後の作品を制作する「オフィス・ユニ」を設立した。
  • 同局放送中の『クイズ100人に聞きました』のスタッフが制作したクイズ番組で、『100人』がアメリカのクイズ番組『Family Fead』を参考にしているのに対し、当番組はタイトル通りの純日本製のクイズ番組である。
  • 男性芸能人が料理を披露するほか、同局放送の『キューピー3分クッキング』『ごちそうさま』がまだガスコンロを使用していたのに対し、当番組はスポンサーに相応しく、電気式のコンロを使用するのが最大の売りである。
  • BGMは同局放送の『クイズタイムショック』に似ており、0秒〜30秒は規則正しいリズムだが、30秒〜60秒は緊張を高めるBGMとなり、末期には終了を知らせるブザーで終わる構成となっている。
  • 同局放送の『てなもんや三度笠』の澤田隆治ディレクターが、バラエティもので実績のある塚田茂と組んで、関西風の笑いと現代的なテンポを持った、奇想天外な出し物を見せる。
  • 主演は、同局放送の『月光仮面』、TBS制作の『隠密剣士』で主人公を演じた大瀬康一で、この枠では『バックナンバー333』以来2年振りの主演となった。
  • 同局放送中の『まんがはじめて物語』で知られるダックスインターナショナルが制作を担当、脚本は『戦国魔神ゴーショーグン』でブレイクする前の首藤剛志、監督は映画監督・斉藤武市、そしてキャラクター設定と作画監督は東京ムービー作品を手がけた椛島秀夫と大物揃いである。
  • 主演は同局放送の『月光仮面』や『隠密剣士』などの主演者である大瀬康一、脇役には西野バレエ団出身の原田糸子や、当時子役の麻丘めぐみが出演している。