同局のアナウンサー

46 の用例 (0.00 秒)
  • このほか、同局のアナウンサーがナレーションを担当していた時期有り。
  • 同局のアナウンサーを経て、現在はフリーで活動している。
  • 以来、2009年12月に退社するまで同局のアナウンサーを務めていた。
  • また、同局のアナウンサーである安住紳一郎を積極的に起用している。
  • 同じ高校の先輩に、入社当時同局のアナウンサーだった大月勇がいる。
  • 同局のアナウンサーが全国ネット番組でメイン司会を務めたのは桑原が初である。
  • 当番組の放送終了後に、同局のアナウンサーが同じ番組にほぼ全員出演するのは、テレビ・ラジオを通じてこの収録が初めてである。
  • 同局のアナウンサーがローテーションでストレートニュースを読むだけであった。
  • たまに同局のアナウンサーなどが番組に訪れ、一緒にトークを繰り広げる。
  • 番組内では同局のアナウンサーが度々出演し、主に外回り中継を含む色々な企画へ参加した。
  • 司会者は同局のアナウンサーが概ね務めたが、落語家の森乃が務めたこともあった。
  • 同局のアナウンサーが交代でパーソナリティを務めたほか、番組の企画・制作にも携わっていた。
  • 当番組には出演していないものの、同局のアナウンサーである谷川恵一の話題が頻繁に取り上げられる。
  • 仙台市を地盤に活動するタレント小山羊右と、同局のアナウンサーが司会を務めた。
  • 同局のアナウンサーが、日替わりでパーソナリティを務めていた。
  • 解答者はギャルズと番組のレギュラー出演者、同局のアナウンサーの混成チームで放送された。
  • 歌唱は同局のアナウンサー全員によって行われた。
  • 同局のアナウンサー採用は2009年入社の立田恭三以来となる。
  • ちなみに、水野以前にも、佐々木美絵が同様の経緯で同局のアナウンサーになっている。
  • 卒業後に同大学の大学院で国語学を専攻する予定だったが、大学院受験への試験勉強中にたまたま同局のアナウンサー試験を受けたところ、採用に至ったという。
  • 次へ »