同士の列車交換

5 の用例 (0.00 秒)
  • こまち号同士の列車交換がある場合には、下り列車は2番線に停車する。
  • 会津鉄道同士の列車交換は線路配線の構造上、不可能である。
  • なお、単線のため、特急同士の列車交換による運転停車や、上下線特急の待避のため、大原駅で10分程度停車する普通列車も存在する。
  • 当然のことながら17m車4両編成同士の列車交換は不可能であり、17m車4両編成の列車の交換相手は17m車2両編成の列車に限定された。
  • 列車の行き違いを行う交換設備は、起終点を除くと十日町・まつだい・虫川大杉・くびきの4駅と、赤倉・薬師峠・儀明の3信号場にあり、すべて10両編成同士の列車交換が可能である。