同士の内輪

6 の用例 (0.00 秒)
  • あんな、士同士の内輪喧嘩、私達しもじもに何のかかわりがある訳じゃなし。 三好十郎『斬られの仙太』より引用
  • と、息子相手になると、源氏も、つい男同士の内輪ばなしという風になるのであった。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • あんな、士同士の内輪喧嘩、私達しもじもに何のかかわりが有る訳じゃなし。 三好十郎『天狗外伝 斬られの仙太』より引用
  • どうしたことか、文部省内のストーブ側の仲間同士の内輪話までが尾ヒレを付けて新聞記事になって現われる。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 知らせを受けた私は藤沢警察署に彼の身辺保護を依頼したが「難民同士の内輪モメでは」と断わられた。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • そこは、伊集院夫妻の行きつけの店だったので、きっとなじみ同士の内輪話だろうと、私はその場で解釈をした。 柴門ふみ『男性論』より引用