同化吸収

8 の用例 (0.00 秒)
  • 資本主義社会はその経済論理をすべての階級に及ぼし、同化吸収的に階級社会を消滅させたと説かれた。
  • 長江文明は次第に、中央集権国家を創出した黄河文明に同化吸収されていった。
  • 彼らは地元民を社会的に同化吸収していったが、これは父系的な血統の相続によるものではなく、単なる社会構造の伝播現象だったようである。
  • スキタイとアッシリアの手によって幾たびか敗れた後、マンナエ人の大部分は同化吸収されていき、最終的にメディアによって完全に吸収されて消えていった。
  • 当初は単なる流浪の民であり、先住民の住む各地を回って細々と商売をしていたとみられるビーカー人たちは、時代が下るごとに先住民の社会を経済的手段ないし軍事的手段で同化吸収し、彼らの社会構造はブリテン諸島全体を支配するようになった。
  • ヒッタイト語が分化した後にハッティ人などといった非インド・ヨーロッパ言語の原住民を同化吸収する過程で、意思疎通の必要性の増大により「文法の単純化」が起こったと考えられている。
  • 特にハッティ人はヒッタイトの居住地域の原住民で、ヒッタイトの支配層となるインド・ヨーロッパ語族アナトリア語派の人々の侵入により、この地の政治的支配層となったアナトリア語派の人々によって同化吸収され、子孫は主に庶民層や僧侶などヒッタイト社会の基層を形成したと推測される。
  • ただし従来ヒッタイト人の支配層の先祖は古代のいずれかの時期に黒海東岸ないし北岸方面から南下しアナトリアで非印欧語族の原住民を同化吸収してヒッタイト社会を形成したというのが通説である。