同化作用

36 の用例 (0.00 秒)
  • 同化作用は、コミュニケーションの中に程度の差こそあれ必ずある。 茂木健一郎『思考の補助線』より引用
  • かつては炭酸同化作用とも言ったが現在はあまり使われない。
  • これが、炭素同化作用をつづける生物、つまり植物となるというのである。 星新一『生命のふしぎ』より引用
  • そして植物自身同化作用によって無限の生命を得ています。 光瀬龍『東キャナル文書』より引用
  • この分子は細胞が同化作用を行う際に異化されて、エネルギーを供給するのに用いられる。
  • このフランスの同化作用は個人に働くものであるため、移民社会は容赦なく破壊される。
  • 同化作用のために、次の語の語頭の子音はしばしば無声化する。
  • そして、日本民族が得意とする、他国文化の吸収同化作用は、一切止んでしまつた。 菊池寛『二千六百年史抄』より引用
  • 植物エクジステロイドはそのタンパク同化作用のため運動選手や重量挙げ選手によく用いられている。
  • 上代東国方言では中央語と異なる多くの言語現象があり、その一部はそのまま現代まで引き継がれたが、多くは中央語からの同化作用を受けた。
  • 自然を大きく見わたす人にとっては、万物は同化作用によって、統一の方向へむかいつつあるように見えるものなのです。 バルザック/菅野昭正訳『谷間のゆり(下)』より引用
  • まず、北は進化論の観点から人類は相互扶助の精神によって生存競争の対象を家族から部族、国家単位へと進歩してきたと論じ、その間に社会的同化作用によって内部の団結力を強化することで社会を進化させてきたと説いた。
  • 炭素同化作用がとまり、大気中から酸素が失われてしまうのだ。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • 同化作用のことを考えると逆説的にも思われるが、他者との濃密な関係性を持つことが、個性を際だたせるために必要なダイナミクスを提供するのである。 茂木健一郎『思考の補助線』より引用
  • 体構造は分析の結果、植物と同様とされ、動物にみられる骨格や脳などの器官はなく、炭酸同化作用、皮膚呼吸、葉緑素などが確認されており、別の生物と理解されている。
  • 同化作用と異化作用のバランスは概日リズムによって調整されることもあり、たとえばグルコース代謝などの過程は、日中の活動的な時間帯に最大になる。
  • 自然に親しむといふことも、それゆゑ、日本人にとつては、西洋人のやうに、美しい自然が自分たちのためにそこにあるといふやうな観賞のしかたでなく、自然の心を心とすることによつて、自分たちが浄化されると感じる、その同化作用にあると云へるのです。 岸田国士『日本文化の特質』より引用
  • 生体内において取り込まれた殆どの有機栄養素は同化作用あるいは異化作用といった代謝作用により分解され別の化合物として再合成されて利用されている。
  • 無機窒素塩類を化学肥料として多用する近代農業のもとでは、作物の同化作用へ吸収されず残留したそれら塩類が地下水へ侵入・汚染することを制限する役割を果たしている。
  • 一方、8・9・10は八丈島・青ヶ島などごく限られた地域に残るのみで、東日本方言のほとんどで平安時代以降に中央語からの同化作用を受けたことになる。
  • 次へ »

同化作用 の使われ方