同化主義

24 の用例 (0.00 秒)
  • これらの政策が単一民族国家的な価値観に基づいた同化主義であるという見方もある。
  • このような傾向は、同化主義を建前とする日本やフランスの植民地に特に強かった。
  • トルコでは民族主義が憲法に規定されているため非トルコ系などの異民族に対する同化主義が国策として奨励されている。
  • 民族概念を政策的に解体し、国民としての価値観や国家語への統合を推進する政策、多数派民族への同化主義、多数派民族の覇権のもとに多民族を統合する政策を基調としている国が多い。
  • これは、自治主義、分離主義と同化主義、内地延長主義という植民地統治思想の違いのなごりと見ることができる。
  • すなわち行政機関として設置された台湾総督府が、イギリス的な「自治主義」あるいはフランス的な「同化主義」のいずれかを統治形式として採用するかという政策研究を行ったことが嚆矢である。
  • 後にシオニズム運動を主導していくテオドール・ヘルツルは同化主義者であったが、ユダヤ人が冤罪で逮捕されたドレフュス事件を新聞記者として取材し、ユダヤ人に対する差別に衝撃を受け民族主義者へと転じた。
  • 先進国では民族間の融合を強力に推進しているフランスでは特に同化主義の理念が強く、アルザス人・プロヴァンス人・ブルターニュ人・コルシカ人などの少数民族ないし少数言語集団を強力にフランス人に統合してきた。
  • 時代の変化の中で、マタシン協会は、解放運動の指導者たちから、その同化主義的な運動方針が、同性愛者らのアイデンティティを否定し異性愛者社会に迎合するものであると批判されるようになり、急速に支持を失っていった。
  • 反乱の前、同性愛者らの権利運動は、穏健で同化主義的なホモファイル運動が主流であった。
  • 画家だった父は同化主義者で、息子がユダヤ教に興味を持つのを喜ばなかったが、ショーレムは母のとりなしにより正統派のラビのもとでヘブライ語やタルムードを学ぶことを許された。
  • フランスなど同化主義の理念が徹底している国や、近年の米国など、文化多元主義を前提とした社会では、少数民族であることが、必ずしも不利に働くとは限らない。
  • フランスの同化主義批判を含む植民政策の国際的潮流を感知して、「外に向かっては帝国主義を主張し、内国に於いては自由寛容の政策」を主張した。
  • 五族共和は、1912年元旦に中華民国が成立した際に孫文が南京で行った中華民国臨時大統領就任演説でも掲げられていたが、孫文自身は臨時大総統就任時と北方で演説した際にしか五族共和には言及しておらず、北京政府と対決後は五族共和は誤りであったと主張し、もっぱら大中華主義による同化主義を進めていくようになる。
  • 元来、国民国家における国民統一のイデオロギーとして、同化主義に対する対抗イデオロギーとして唱えられたのが文化多元主義である。
  • こうした経緯により、フランスやアメリカのナショナリズムは、「過去の歴史の共有」ではなく、「これからの歴史の共有、その意志」という普遍主義的で時には同化主義的な性格を帯びることになった。
  • 内地延長主義は、台湾を日本の植民地ではなく、領土とみなし、等しく憲法の統治をうけ、日本の法体系を受け入れるというということであり、「同化主義」に属する。
  • しかし、「同化主義」は文化的同化の側面も有しており、台湾独自の歴史、文化、思想、伝統の喪失にもつながる。
  • クリーク族の中の内戦状態は1813年夏に始まり、レッド・スティックスはアッパー・タウンの同化主義者の首長達を攻撃し、家畜を体系的に殺し始めた。
  • 「同化主義」の実現により、台湾総督の特別立法権原をなくし、憲法の保障する権利と、代議制をはじめとする制度を享受することが可能であると考えられる。
  • 次へ »