同化する能力

5 の用例 (0.00 秒)
  • 同調とは相手の心を読み、さらにそれと同化する能力のことで、ののみは幻獣の声、なるものを聞いたこともあるという。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 02 5121小隊の日常』より引用
  • 夢魔もまた影と同化する能力があり、影に変じた敵に影響えいきょうを及ぼすことができることを、彼らは知らなかったのだ。 山本弘『妖魔夜行 悪夢ふたたび……』より引用
  • これは古来からその方面で発達してきた演芸上の約束を知らないので、舞台の上に開展される特別の世界に、同化する能力が私に欠けているためだとも思う。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 古来より伝わる忍者の携帯品で、万一この化物が皮膚から同化する能力があるとしても、打撃を与える瞬間は拳の接触を防いでくれる。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 実体を持たないが他の怪獣と同化する能力を持ち、同化した生物の能力や生体情報をコピーすることで乗り移った怪獣の肉体を媒介に変化・再現することができる。