同化する

234 の用例 (0.01 秒)
  • 要するに役になり切って、その人物の気持に同化することが大事なんだ。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • が合い、池の側にいる母のひとみが、深い水の色に同化しているのを見た。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • 彼の旅行の特徴は、土民たちの生活習慣と完全に同化することであった。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • こうやって、この地に同化し、狸の観察かんさつを始めて何日が過ぎただろうか。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 屋根の上に草が生え、動かない電車は森と同化しているように見えた。 乙一『暗黒童話』より引用
  • 脚についた泥はすぐに彼女の肌と同化して、何でもないさと慰めてくれた。 池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』より引用
  • 今日ではカゴはもはや隔離されておらず、一般国民とほぼ同化している。
  • 日本人は音を通じても自然と同化することを意図としているようにも思われる。 寺田寅彦『日本人の自然観』より引用
  • 我々は、今日から、地球の人々に同化して生活していかなくてはならない。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • この地で過ごし、この地にれていけば、存在の質はやがて同化していく。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 古い習慣を変えず、ひとつの社会を作り、その地方に同化しようとしない。 星新一『きまぐれ学問所』より引用
  • 自分が九メートルの巨人と同化していることに田代は違和感を覚えていた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 02 5121小隊の日常』より引用
  • その子孫が今も州内に残っており、植民地人と結婚するかその社会に同化した。
  • 事務が済めば遊蕩的な無駄話に耽る彼等の安逸さに彼女も同化してゐた。 牧野信一『F村での春』より引用
  • 彼が御常をむのも、姉や兄と同化し得ないのもこの現在の御蔭であった。 夏目漱石『道草』より引用
  • あるいは、若い女に同化しようとする心持であるかのようにもみえた。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • 芙美子はパリには同化しようとも思っていないし、またできなかった。 群ようこ『飢え』より引用
  • やがて、ロシア本土から移住してきた新住民と同化し事実上消滅した。
  • かくてかれらはかぎりない時の流れに同化していったのだった。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 自分の心は疲れ鈍りたるが故にこの美しい世界に同化することが出來ない。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • 次へ »

同化する の使われ方