同じく

全て 副詞
37,789 の用例 (0.03 秒)
  • あらゆる実際的仕事と同じく、それも習慣のために機械的になっている。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 次に受取った手紙は同じく三十一年の三月二十一日の日附のものである。 高浜虚子『漱石氏と私』より引用
  • 同じく鉄門がついてはいたが、しかしそれは街路に向かって開いていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 即ち一つの王国をもってこれを支配し、神と同じく召使たちをもっている。 太宰治『誰』より引用
  • 是と同じく日本人は日本自體を知らなければならぬと思ふのであります。 竹越与三郎『日本の真の姿』より引用
  • 彼らと車を同じくすることだけでもえられない恥辱ちじょくと思っていたのに! 倉田百三『俊寛』より引用
  • 印象も亦そういう理由から同じく勝手で気儘なものだと考えられている。 戸坂潤『思想としての文学』より引用
  • しかし今それができなくなったと同じく、その時にもそれができなかった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 同じく引き裂かれてはいたが手紙よりもいっそう意味ありげなものだった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 西山さんは私のそばに腰を下して、私と同じく茶を飲み煙草をふかした。 豊島与志雄『程よい人』より引用
  • これを踏み消しておいて竜之助、刀を取って同じく表の闇へ飛び下りる。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • しかし彼の歩兵や騎兵の些少さしょうといえども彼と同じく堅固だったのである。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 彼と同じく彼らもまた率直であって、自分だけの考えで物を判断していた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • そして一目見ると、それらもやはり他の作品と同じく無瑾むきずではなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 毎日のように次々と新しいバンドが登場しては、同じく急速に消えていった。 秋野平『ロック、70年代—復刻CDに時代を聴く』より引用
  • 同じくシュクと云っても、その職業によって穢多になったのもあります。 喜田貞吉『特殊部落の成立沿革を略叙してその解放に及ぶ』より引用
  • その意味に於てこの立言は統計による立言と性質を全く同じくしている。 戸坂潤『現代哲学講話』より引用
  • 人は愛する女をよく見ないと同じく、その言葉をもよく聞きはしない。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 頓着なきものも知識あるものも主の前に立ちては同じく頓着なきものなり。 北村透谷『実行的道徳』より引用
  • そして二人とも同じく激しい気質だったから、しばしば衝突をきたした。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 次へ »