同じ

238,031 の用例 (0.02 秒)
  • 私も女と同じように、まるで以前からの友人のように感じていたのです。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • さういふ事は誰でも叔父さんと同じやうに知らなければいけませんねえ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • けれどもこういう欲求をいつまでも同じ強い調子で持ちすぎていました。 伊藤野枝『「別居」について』より引用
  • 紙の上に、或る同じ大きさでお互ひに触れ合ふ円をいくつか書いて見る。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 今の僕からあなたが奪われるというのは神が奪われるのと同じ事です。 有島武郎『或る女』より引用
  • そのひとと同じ顔はもう二度と再びこの世に生れて来ることはないのです。 モーパッサン・ギ・ド『墓』より引用
  • ミユキも私と同じように横になっており、顔はこちらを向いていました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 悲鳴の起った場所は、いままで口笛のしていたところと同じ方向だった。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • 猫も虎も見わけられないから、同じやうにいてすましてゐるのである。 芥川竜之介『続野人生計事』より引用
  • 他の二人の女生徒も同じようなことを言ってさぶちゃんをけなしつけた。 犬田卯『橋の上』より引用
  • 定子の住む同じ土地に帰って来たと思うだけでももう胸はわくわくした。 有島武郎『或る女』より引用
  • それを上へおしあげると扉が開くことは、このたびも同じことであった。 海野十三『時計屋敷の秘密』より引用
  • 四五間さきの所に、美しく立って、同じ方をながめていた、あれでしょう。 泉鏡花『南地心中』より引用
  • 俺と同じやうな心持で他人の名を引用する人は外に餘りないのだらうか。 阿部次郎『三太郎の日記 第二』より引用
  • お互いに代理なんだから私も君も最初からここにいなかったのと同じ。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • なんでも先生は今日こんにちでも、やはり同じ大問題を研究し続けてゐるさうである。 芥川竜之介『LOS CAPRICHOS』より引用
  • そして其処もこゝと同じやうで、地球上はどこへ行つても同じ事なのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • この店で、チンピラ風の男の手を刺した時と同じように笑っていました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 少くとも彼等の文章には之と同じ位に深い根を認めることが出來ない。 阿部次郎『三太郎の日記 第一』より引用
  • のみならずやつと動いたと思ふと、同じ言葉ばかり書きつづけてゐた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 次へ »

同じ で始まる単語