吊るす

全て 動詞
188 の用例 (0.00 秒)
  • 天井と床から伸びたそれは式神の体を中空に留めて吊るしているものだ。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 低い天井にるしたランタンが円を描くように、ゆっくりと揺れている。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • その彼女と一つ屋根の下で暮らしているおれがるし上げられるのもわかる。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • 首からるした左手を見て、宿の人間はわかったというようにうなずいた。 馳星周『夜光虫』より引用
  • 家の裏に古タイヤを吊るし、毎日左右で50回ずつ打たせて練習させた。
  • 設置に関しては比較的丈夫な構造をもったガレージ等の建物内に吊るす。
  • LED式案内表示器は、客室端部に天井から吊るす形で設置されている。
  • この状況だと、腰から吊るした拳銃というのはすごく間抜けな気がした。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • 初期にはビニール袋に様々な色の色水を入れて吊るした作品をつくっていた。
  • 男たちは舞台のほぼ中央に鐘を下ろし、鐘を天井に吊るす作業にかかる。 内田康夫『天河伝説殺人事件(上)』より引用
  • 木の板に数本の竹筒や木片を糸で吊るしたものを、田畑の中に設置する。
  • 床柱にはさばいたままの筆十数本を吊るし、机の上にはすずりがのせてある。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • オスマン帝国支配期には木の上にブルガリアの革命家を吊るしていた。
  • 豊田は航空機を天井に吊るして搭載機を増やすという方法に感心している。
  • オーバーコートを着用する場合は剣か短剣を左腰ポケットから吊るした。
  • パリのパンテオンの頂上から67mの糸に鉄の球を吊るして行なわれた。
  • 庭木に吊るした籠の中の声を聞いて、客はふしぎそうにたずねるのである。 室生犀星『懸巣』より引用
  • それを自宅の神棚や軒先に吊るしておくと火難を逃れると言われている。
  • 舞台の上には照明を吊るすためのポールや作業をするための足場などがある。 今野敏『心霊特捜』より引用
  • だから抜け穴の口から投げ込むか、あるいはるしておいたのでしょう。 横溝正史『金田一耕助ファイル08 迷路荘の惨劇 v0.9』より引用
  • 次へ »