吉田

全て 名詞
13,631 の用例 (0.03 秒)
  • 夕方風呂から帰って爪をきっていたら、画学生の吉田さんが遊びに来た。 林芙美子『放浪記(初出)』より引用
  • 何も知らずに先に立って歩いていた吉田が楽しげに口ぶえを吹き出した。 浜尾四郎『彼は誰を殺したか』より引用
  • 子供心に強く印象に残っているのでは、吉田という伯父がそうであった。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • それまでおとなしく雪の上に立っていた吉田は、急に前方へ走りだした。 黒島伝治『雪のシベリア』より引用
  • 私の家から一町ほど離れたところに吉田といふ母の実家の別邸があつた。 坂口安吾『石の思ひ』より引用
  • 家の台所にあるテーブルで、吉田よしだは気のない視線で料理の本をながめていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ S』より引用
  • 吉田八十松の大荷物ならあの地方では誰に怪しまれる心配もありません。 坂口安吾『心霊殺人事件』より引用
  • どうしてか吉田は、自分が急に年をとってしまったように感じていた。 山田正紀『少女と武者人形』より引用
  • 青木機関手はそういって、女の手に握られてあった手紙を吉田に渡した。 佐左木俊郎『機関車』より引用
  • するとその女はまたこんなことを言って吉田を閉口させてしまうのだった。 梶井基次郎『のんきな患者』より引用
  • 第二に吉田を苦しめるのはこの不安には手段があると思うことだった。 梶井基次郎『のんきな患者』より引用
  • するとその女はまたこんなことを云って吉田を閉口させてしまうのだった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 吉田の母は月に一度か二度そこへ行って来るたびに必ずそんな話を持って帰った。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 吉田にとってはそれを辛抱することはできなくないことかもしれなかった。 梶井基次郎『のんきな患者』より引用
  • 吉田にとってはそれを辛抱することは出来なくないことかもしれなかった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • と、またおびやかすように力強い声でじっと吉田の顔を覗き込んだのだった。 梶井基次郎『のんきな患者』より引用
  • 吉田国五郎よしだくにごろうの人形芝居を見たことだけはいまだにありありと覚えてゐる。 芥川竜之介『本所両国』より引用
  • 吉田屋親分の出身は福島県で、だから一家の若い衆も福島の出身が多い。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝2』より引用
  • 成仏じょうぶつした吉田よしださんが桜にいていたのもその辺りが理由かもしれないな。 沖田雅『先輩とぼく 02』より引用
  • そんな或る日吉田は大阪でラジオ屋の店を開いている末の弟の見舞をうけた。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 次へ »