吉村

全て 名詞
3,251 の用例 (0.03 秒)
  • その自信がどこから来るのかわからないが吉村は妙に胸を張って言った。 平坂読『ラノベ部 第2巻』より引用
  • そして彼女は翻訳の話にはいっていったので、吉村はほっと息をついた。 豊島与志雄『鳶と柿と鶏』より引用
  • 少年は、母親の膝のうえに頭を置いたまま、顔だけを吉村の方に向けた。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • 小政や吉村は、同じことを二年早く、ぼくらに教えてくれたことになる。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 言いながら吉村の真似をして、上段の構えで飛んだりはねたりしていた。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • このぶんでいったら、彼女もだんだんよくなるだろうと、吉村は考えた。 豊島与志雄『鳶と柿と鶏』より引用
  • 吉村がまだこれまで彼女に聞いたことのないような朗かな笑いだった。 豊島与志雄『鳶と柿と鶏』より引用
  • 他の勤務員に聞いたら、この間のトラックで吉村隊へ出されたという。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • しかし、私の人生を語らねば、吉村先生の話はどうとも始まらぬのです。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • ポイント切り替えのことなどをいっているのだろうと吉村にも想像できた。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • 待った、と声をかけて吉村が二人の中に割って入ったのはそのときだった。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • 吉村に腹を切らせるようなことをしてはならぬ、とわしは思ったのじゃよ。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • 吉村は嬉しそうに、何度も頭を下げて自分の坐っている席に戻って行った。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 庭ごしに呼ばれてみよが行ってしまうと、吉村先生は声をひそめて言った。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • 液は傷口の端で白い泡をたて、吉村は眉を強く寄せて痛みに耐えていた。 半村良『軍靴の響き』より引用
  • 吉村隊は市の西郊外を流れる川のほとりにある羊毛工場に収容されていた。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • かたじけない、と吉村さんは私に向かって何べんも頭を下げましたっけ。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • それを着た吉村は、今日一日平和なくらしをする人物に見えたに違いない。 半村良『軍靴の響き』より引用
  • 吉村の顔は、それまで俺に見せていた気弱そうな田舎侍のものじゃあねえ。 浅田次郎『壬生義士伝 上』より引用
  • 彼が恐れていたように、終戦後吉村家は頼るべき長男を失って離散した。 吉田満『鎮魂戦艦大和(上)』より引用
  • 次へ »