吉本裁判長

26 の用例 (0.00 秒)
  • 何事もなかったかのように、吉本裁判長が元の事務的な声に戻って言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 左右の陪席判事と交互に相談していた吉本裁判長が、正面に顔を戻した。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長が広一郎に向かって言うと、二人の判事を従えて出て行った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 裁判とは直接関係のない二人のやりとりを黙認していた吉本裁判長が、言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 石塚信吉が廊下へ出て行くのを待って、吉本裁判長が目顔で小池を促した。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長も一瞬怪訝そうな表情を浮かべて、弁護人席を窺った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長が黙ってうなずいた。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 利彦は、思わず吉本裁判長の顔に視線を向けた。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • と、吉本裁判長が軽く咳払いしてから言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 全員が着席した後で、吉本裁判長が廷吏に訊いた。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長が訊いた。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長がすぐに裁定した。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • と、吉本裁判長が冴子の住所、氏名などを確かめてから言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長が、証人が出廷しているかどうかを廷吏に確かめ、まず河野たね子を呼ぶよう命じた。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長は次いで住所、職業を尋ね、広一郎を元の被告人席に戻すと、検事の方へ顔を向けて、言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長が小池に訊いた。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • そこで、吉本裁判長は再び広一郎を証人台に立たせ、黙秘権の告知と罪状認否の質問に移った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長は、坪井カヨの住所、氏名、職業などを確認した後で、宣誓書を読み上げさせた。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長が、言った。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 吉本裁判長が、公判初日の罪状認否の前に行なった〈黙秘権の告知〉を繰り返す。 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』より引用
  • 次へ »