吉本所属

51 の用例 (0.00 秒)
  • ゲストとして大阪・東京吉本所属の全国区の若手・中堅芸人が客演する。
  • 面子と意地が突っ張り合い、吉本所属の芸人はまだラジオに出られない。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 現在では吉本所属の女性芸人の中でトップのレギュラー番組数を抱える人気芸人となる。
  • 東京吉本所属となり、1994年2月に本格的にコンビ結成しデビューとなる。
  • 弘高の話では、吉本所属の益田喜頓や坊屋三郎の動きも怪しいという。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 大阪吉本所属のお笑いコンビ「笑い飯」の東京で初のレギュラーラジオ番組である。
  • 福岡吉本所属の高田課長が福岡県内を中心とした九州各地の街を散歩し、その街のグルメや人たちの触れ合いを描く。
  • また週末を中心に、東京吉本所属の芸人も登場している。
  • 結局、吉本所属の芸人としては、花菱アチャコ一人だけが残った。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 当時、吉本所属でトップクラスにいた金語楼や三亀松の月給が、五百円から七百円のころである。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • いや、使おうとしても、吉本所属の芸人は花菱アチャコ一人だけしか残っていないのだ。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • 以後、相手は何人か変わるが、昭和四十九年に七十七歳で亡くなるまで、アチャコは吉本所属の芸人であり続けた。 難波利三『小説吉本興業』より引用
  • レギュラーを始めとして吉本興業の所属でない出演者の比率が他番組と比べて高く「非吉本系」としての企画も多いが、土曜深夜に移行する前後を境にコーナーレギュラーを含めて吉本所属芸人の出演がそれ以前よりも増えている傾向にある。
  • 吉本所属の芸人が多数出演しているものの、冠番組を多数持つ司会者等、お笑い芸人数組が未出演である。
  • モリマンが札幌吉本所属に戻った後も企画は続行しており、毎回モリマンは札幌から東京へ移動し収録に参加する。
  • 吉本以外の事務所に所属している芸人が「吉本所属芸人がどれだけ恵まれているか」を語った。
  • 「楽そうだから」「優しそうだから」という単純な理由で吉本所属の漫談家だった滝あきらに弟子入り。
  • なお、候補者は吉本所属の芸人に限られる。
  • 毎年3月3日には2人が中心となってベテラン、若手問わずに吉本所属の女性芸人を集めて親睦会が行われる。
  • 松竹所属の鶴瓶と、この番組に出演するまでほとんど顔を合わせる機会が無かった大阪吉本所属の若手芸人と絡む姿が見られる貴重な番組でもあった。
  • 次へ »

吉本所属 の使われ方