吉本女子プロレス

19 の用例 (0.00 秒)
  • 現役時代は吉本女子プロレスJd'とNEO女子プロレスに所属していた。
  • そのラインからかつて『吉本女子プロレスJd'』のリングアナも行っていた。
  • 日本で活動していた吉本女子プロレスJd'で採用された「LSDルール」と似ているが、LSDは時間差でなく一斉に試合が開始される。
  • 当時、飛鳥は吉本女子プロレスで活躍していた。
  • 早大在学中に中国武術を学びはじめ、吉本女子プロレスに応募したことがデビューのきっかけとなった。
  • 引退後、吉本女子プロレスJd'のマネージャーを務めていた。
  • その関係で、同じく患者であったジャガー横田と共に亀山と吉本女子プロレスの合同自主トレを立川の地元である奈良県生駒市で開催することが決まった。
  • 練習はスクムウィット通りにて元吉本女子プロレスJd'広報の信包一彦が開いている空手道の桜道場を借りて行っている。
  • 吉本女子プロレスJd'に所属していた。
  • その後、ジャガー横田からの電話がきっかけとなり、吉本女子プロレスより「救世忍者乱丸」として再デビューを果たす。
  • 吉本女子プロレスから「アクション女優の修行のためにプロレスをやれ」と言われ、プロレスラーになってしまった。
  • 吉本興業による吉本女子プロレスJd'がそれに当たる。
  • 吉本女子プロレスJd'の試合中継がメインとなるが、BSジャパンとJd'のプロジェクト「アストレス」を追ったドキュメンタリーも番組内で放送される。
  • JWPは翌年の1996年に離脱し一旦プロレス界から離れたが、1998年に吉本女子プロレスJd'に「エチセラ」というリングネームで現役復帰した。
  • その後数年はメキシコ国内の団体を転戦するが、11月にCMLLと吉本女子プロレスJd'が合同で行った初代TWF世界女子シングル王座決定トーナメントにエントリーするが、1回戦で白鳥智香子に敗れる。
  • また、ライオネス飛鳥を始め、ジャガー横田などが所属していた吉本女子プロレスや、ガイアジャパン、LLPW、アルシオンの女子プロレスラーのほとんどの選手の故障に対して、そのケアを立川がトレーナーとして担当していた。
  • KAIENTAI DOJOには初期から所属しており、旗揚げ興行前に吉本女子プロレスJd'でK-bloodのマネージャーとしてデビュー。
  • 吉本女子プロレスJd'に入門し、2001年7月22日の後楽園ホール大会での対ドレイク森松、阿部幸江戦でデビュー。
  • 吉本女子プロレスJd'に入団し、2000年12月10日のディファ有明における、対阿部幸江戦でデビュー。